丼を使用した俳句

丼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

丼を含む俳句例

丼の墨汁灼けて葬終る/田口珂那

せいこ蟹蟹丼にして唐錦/高澤良一

夏痩せの一個丼余したり/石塚友二

大石忌丼飯をざくざくと/須佐薫子

穴子丼食べ播州の旅半ば/岡田日郎

葉鶏頭や玉子丼だけできる/龍岡晋

あかあかとイクラ丼雪もよひ/辻桃子

丼もシャツも机の今年かな/川崎展宏

冬瓜にききすぎし酢や小丼/飯田蛇笏

浅草のカツ丼色の神輿かな/高澤良一

カツ丼の見本ほんもの秋の風/中井亜由

地下街にミニ丼食ふべ一葉忌/元池静子

歯にあてて夜食の丼厚きかな/菊地龍三

どんぶりで届きし煮物良寛忌/春川暖慕

どんぶりで水汲んで来る桜山/冨田正吉

水平線丸しよ雲丹丼たひらぐる/奈良文夫

どんぶりに顔を落して夜食かな/唐笠何蝶

どんぶりの端まで熱き夜鷹蕎麦/角田双柿

此の冬は空どんぶりの懐かしき/永田耕衣

傘雨忌やほどよき味のまぐろ丼/田中みのる

俳句例:21句目~

紅葉かつ散るカツ丼を待つ間かな/土肥幸弘

タイトルとURLをコピーしました