兄妹を使用した俳句

兄妹に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

兄妹を含む俳句例

帰り花兄妹睦びあひにけり/敦

兄妹の壺に頒ちし東菊/大星明子

寝話しの親子兄妹二月尽/瀧春一

隙間風兄妹に母の文異ふ/石田波郷

鉄線花兄妹に朝流れけり/小池文子

西瓜喰ふまだ机なき兄妹/小川軽舟

兄妹の焚火のあとの寒の雨/安住敦

母見舞ひ帰る兄妹夕焼中/山田弘子

兄妹の相睦みけり彼岸過/石田波郷

春雪や兄妹部屋を異にして/安住敦

枯野吐き出す発熱の兄妹/対馬康子

暁の鐘兄妹いまも蛇泳ぎ/柿本多映

兄妹の今宵鄙めく茶立虫/石田波郷

四月尽兄妹門にあそびけり/安住敦

そぞろ寒兄妹の床敷きならべ/安住敦

二夜三夜兄妹会はず冬了る/石田波郷

兄妹に月美しきメロンかな/橋本寅男

兄妹に蚊遣は一夜渦巻けり/石田波郷

兄妹のパリーに会す新樹雨/高木晴子

兄妹の仲よきときの氷菓子/山田弘子

俳句例:21句目~

兄妹の合の子二人泳ぐのみ/京極杞陽

埋火や兄妹に刻過ぎやすし/大石悦子

夏すでに兄妹懈く叱り合ふ/石田波郷

花降るがに噴水は千兄妹に/小池文子

梶の葉を戀のはじめや兄妹/正岡子規

潮浴の手をとりあひて兄妹/富安風生

露寒や兄妹さらに黙り合ふ/石田波郷

野遊びに昏れ兄妹の同じ声/杉本雷造

兄妹疎遠母のむかしの飯櫃入/石川桂郎

兄妹のあひのこ二人泳ぐのみ/京極杞陽

墓の虻生きおる兄妹たちの声/寺田京子

初つばめ兄妹の歌すぐ揃ふ/吉田北舟子

分けあうて兄妹病める目刺かな/石野兌

脚長き兄妹の売るラムネかな/行方克巳

幼な顔の兄妹よ涼充ちきたり/渡辺水巴

新生姜兄妹の灯のなにげなし/小池文子

ひかり頒けつつ兄妹の麦藁帽/楠本憲吉

うちそとに兄妹のこゑ煤拂/石田あき子

柘榴割きわれら射手座の兄妹/馬場駿吉

月見草どこまで行つても兄妹/小泉八重子

俳句例:41句目~

兄妹に雑木の花の降る日かな/山田みづえ

三月尽兄妹いつまで倶にあらむ/石田波郷

兄妹にはるかぜ海を見にゆかむ/山田みづえ

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ