碧を使用した俳句

碧に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

碧を含む俳句例

短夜や碧に光る墨のしみ/照敏

三椏の花仰向けよ空碧し/堤京子

針納め碧き水平線も針/三好潤子

白雲に碧き空洞川施餓鬼/向井秀

海碧し灯台官舎椿咲く/飯村弘海

北麓の空より碧し蛍草/小川晴子

南天の一粒づつに碧き空/稲岡長

碧落の都心へ落葉別れとは/原裕

鴎愛し海の碧さに身を細り/篠原

積雪に夕空碧み雲の風/飯田蛇笏

山眠るその懐に碧き沼/柴田奈美

晩秋の日本海暗夜は碧/金子兜太

夏霞脚下に碧き吉野川/青木月斗

碧落を掃く竹の春の竹/原コウ子

舟虫の断崖碧き油照り/巌谷小波

舟生簀潮の碧に鱚泳ぐ/小林葭竹

昼の空いよいよ碧き手毬唄/澄雄

海峡の碧を加へし秋燕/毛塚静枝

碧潭の上筍を掘る音す/内藤吐天

凍港の中央碧き潮動く/齋藤愼爾

俳句例:21句目~

閣涼し金碧はげて笙の声/正岡子規

雛の眼に海の碧さの映りゐる/篠原

しんしんと肺碧きまで海の旅/篠原

雷過ぎし一角碧し青胡桃/宮坂静生

吉野川碧美しかちはだし/鈴木貞雄

君影草匂ひ懐し碧玲瓏忌/池田孤星

深々と沈みて碧し龍の玉/野村喜舟

清水汲む影のそとなる水の碧/原裕

流球の海碧ければ濃ゆき眉/穴井太

馬の瞳も零下に碧む峠口/飯田龍太

海の碧藍に変れり雁の頃/田中英子

若駒に海原といふ碧きもの/大牧広

夏碧き信州の空飛騨の空/岡田日郎

竜淵に潜んで碧き瞳なる/五島高資

碧落の蔵王に迫る結氷期/斉藤典子

泡立草毒もつ如き碧き空/西藤/昭

太子廟あり碧玉の青葡萄/山岡直子

碧落の牡丹の中に山の音/古舘曹人

碧落の主峰垂氷を砦とす/岡田日郎

抱籠や碧紗を隔つ夜の空/石井露月

俳句例:41句目~

俳磚も虚碧並びて冬ぬくし/安原葉

入学の母系の碧き瞳かな/武藤万瓢

碧濃き夏潮に言奪はれし/西村和子

碧潭の奥へ奥へと大揚羽/河合凱夫

早梅や碧虚を生みし城下町/星野椿

長城や凍雲碧き傷ひらく/石原八束

春の河盲目の水碧く厚く/津田清子

春潮の今一帆を得て碧し/中村星堂

龍淵に潜んで碧き瞳なる/五島高資

碧巌録撫子添へて納棺す/宮武寒々

碧天を花器に泰山木の花/筏奈雅史

漱石忌雲碧落に遊びをり/村山古郷

陶片拾ふ冬青空の碧拾ふ/奈良文夫

碧天や雪煙たつ弥生富士/水原秋桜子

碧天へいきなり到達雲の峯/高澤良一

誘ふ碧落墓への階も一人幅/香西照雄

解しかぬる碧巖集や雜煮腹/正岡子規

ふるさとは懸大根に海碧し/荒島禾生

裏富士や男に憑きし碧揚羽/小山森生

蘭咲きぬ碧雲睡る岩のあな/幸田露伴

俳句例:61句目~

葦生より碧落淡む十三の方/成田千空

葡萄園出て碧落に身を涵す/木村蕪城

アルプスの秋川常に碧き色/高木晴子

立秋の海蒼ならず碧ならず/西本一都

碧天に鷹舞ふ蝦夷地大樹海/阿部幽水

碧き星一つ蓴の生ひゆるる/堀朱雀門

積雪の碧落藪をそめにけり/松村蒼石

佐渡どこも海の碧さの春の闇/上村占

砂まぜの肌に碧の潮を浴ぶ/吉原文音

入鹿池半分涸れてゐて碧し/神谷定女

冬天といふ一枚の碧さかな/石橋淑子

冬天のどこまで碧し雑木山/清藤徳子

毛糸編む碧落しんと村の上/飯田龍太

氷水碧落に死のありしこと/友岡子郷

冷まじや碧巌録講門閉ぢて/桂樟蹊子

秋の湖別れんとして尚碧し/大森桐明

勇捕る碧き氷河に神のゐて/角川春樹

去ぬ燕黒部の碧き水に触れ/岩崎眉乃

古き友一碧楼忌修しけり/草野三波郎

池塘群碧しカムイ嶺粧ひて/沼澤石次

俳句例:81句目~

碧落をきはめてもどり夏の蝶/本井英

碧落に神雪嶺を彫りにける/福田蓼汀

師の快癒願へば碧し龍の玉/池田秀水

碧玲瓏忌の噴水に若葉の灯/清水九璋

瀞小春碧より瑠璃へ舟下り/落合水尾

性器より湯島神社へ碧揚羽/攝津幸彦

碧玉の昃ればただの竜の玉/三村純也

碧玉のそらうつつばさかく白き/篠原

子規は月碧梧梅の佛かな/五百木飄亭

大学の空の碧きに凧ひとつ/山口誓子

碧落の凧の力を児へ渡す/佐々木蔦芳

碧潭をうつせし水に冬日影/右城暮石

海碧し自殺防止の網暑く/福田甲子雄

寒鯉の苞提げゆくに河碧し/栗生純夫

碧潭の奥から奥へ深山蝶/佐藤富美子

目慣るればほのぼの碧き泉かな/播水

山の上の空の碧さよ道元忌/河野呆人

山の分校玻璃を真碧に冬休み/森澄雄

春の海かく碧ければ殉教す/岩岡中正

海碧き出雲に飾る粉挽臼/永井由紀子

タイトルとURLをコピーしました