中空を使用した俳句

中空に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

中空を含む俳句例

雀より鵙が近しや熱の中/空華

渡り鳥伸び縮まりつ中空に/鬼骨

冬終る封筒の中空色に/有馬朗人

炎天の中空を雲押し来り/柴浅茅

梅白し中空を風猛りつつ/上村占

中空の鴉見送る単衣かな/岩田昌寿

中空に見し雪片を身にまとふ/原裕

霾ぐもり大鉄橋は中空に/山崎星童

中空に槻の落葉と鵙の声/山谷春潮

滝凍る中空に裾ふつ切れて/早崎明

中空に月吹上げよ冬の風/阿部次郎

中空は川曲明りに秋の声/宮武寒々

中空に銀河放てり奥穂高/渡辺立男

中空を十六夜の月の出かけかな/暁台

中空を芭蕉葉飛べる野分中/川端茅舎

中空にとどまる凧も夕陽浴ぶ/桂信子

夏来たる砲台の中空つぽで/加藤絹子

中空によろけ竿灯立ち直る/高澤良一

中空に澄み切る秋の骸かな/中川宋淵

中空に秋の燕となりにけり/相馬遷子

俳句例:21句目~

中空に素の香を流す泰山木/高澤良一

中空に見えて芒種の月の暈/岡田詩音

中空に降りきゆるかと夕あられ/白雄

中空を歩きすぎたる花茗荷/栗林千津

中空は白熱ゆらぎ桃の花/小檜山繁子

中空は蝶そぎ落す最上川/小檜山繁子

中空をつづる炎や萩を焚く/岩崎照子

中空の茜さす薔薇に閉しける/宮武寒々

松の花風は中空のみに吹く/山口波津女

水仙や日は中空にかゝりたる/高浜虚子

河鹿の音月あるときは中空に/松村蒼石

涅槃したまふ中空を飛び交ふ蜂/中田剛

中空に修羅を舞ひたる春の夢/佐藤鬼房

中空にひらきし面て銀杏散る/井沢正江

ふるさとの中空せましつばくらめ/和田登

中空にとまらんとする落花かな/中村汀女

中空を割りし軽雷こぶしの芽/赤松けい子

中空を風鳴り渡り千鳥なく/竹中すゝき女

中空に起重機鳴れる深雪かな/米沢吾亦紅

稲扱機踏むや西透き中空透き/榎本冬一郎

俳句例:41句目~

中空にオリオン揚げて村凍てし/相馬遷子

中空を駈けて修羅なす修二会の火/西村和子

中空に手を挙げカインの末裔とぞ/長澤奏子

青柚もぐ中空に香をはしらせて/上野さち子

中空にバケツを伏せて死ぬ四月/津沢マサ子

中空のうごかぬ月をうらみけり/長谷川かな女

折れて伸ぶ木賊一群中空の思想といふを如何に束ねむ/安永蕗子

オリオンのかたむきふけし中空に撓るがごとき風ふるふ夜/鹿児島寿蔵

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました