斑を使用した俳句

斑に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

斑を含む俳句例

斑牛黒牛牧は朝曇/市川典子

目玉にも斑ありけり蟇/中田剛

雪山の斑や近き者愛す/岸貞男

紫の斑の賑しや杜鵑草/轡田進

筍の天鵞絨の斑の美しき/風生

斑雪水痘の子を預りて/秋武久仁

石斑鳴いて母と娘の浴かな/言水

鉄を打つ谺短かし斑雪山/阪本晋

斑雪配し鎌倉五山かな/遠藤睦子

門畑に虎鶫ゐて斑雪村/篠崎玉枝

蝉時雨日斑あびて掃き移る/久女

夜の雲斑らに黒き酉の市/菅裸馬

大男斑雪の村に現れし/菅原鬨也

蒼天に鷹の帆翔斑雪村/佐藤国夫

少年の鼻に雀斑風光る/谷中隆子

崖歯朶に斑の夕日柴盗む/徳弘純

愛欲に斑雪の山の遠静か/三谷昭

納得のゆかぬあれこれ斑雪/伊藤梢

東風寒を云ふ雀斑の頬を寄せ/正雄

笹鳴や馬込は垣も斑にて/室生犀星

俳句例:21句目~

種瓢斑らなつらを見はやさん/召波

木版画めけり斑雪の伊吹山/太田嗟

秋雨や漆黒の斑が動く虎/渡邊水巴

斑雪牛かたまりて糶をまつ/沢野弘

遺影涼し林中を牛の斑が移り/子郷

軒低く干す小鰈や斑雪/鈴木真砂女

啄木鳥の木屑鮮し夕斑雪/堀口星眠

終に風けものの性を斑雪山/緒方敬

熊笹や湯壷に落つる斑れ雪/桂信子

蛤に雀の斑あり哀れかな/村上鬼城

虎の斑の岬の青き淡き祭/高柳重信

早稲中手晩生の斑ら有磯海/志城柏

虎の斑の岬の青き淡き祭/高柳重信

斑雪空へつながる海の紺/加藤憲曠

薺の斑つけて大きな粥柱/千原草之

榛の木に棒を貯ふ斑雪村/宮坂静生

姉が目の敵に菊畑の斑雪/塚本邦雄

闇深し以心伝心蒙古斑/岸本マチ子

最明寺殿の毒殺実梅に斑/高澤良一

家厳は白に紅斑の椿かな/松瀬青々

俳句例:41句目~

蒙古斑とれし少年棗の夜/宮坂静生

落し子の龍の冷たき斑かな/碧梧桐

紫の斑の佛めく著莪の花/高濱虚子

蒙古斑を青き大陸と思え/松本勇二

老斑を夏日晒しの童かな/永田耕衣

老斑は夕暮の華吊しのぶ/鈴木鷹夫

春雲のかげを斑に浅間山/前田普羅

斑雪谷樅は全き日暮の木/宮坂静生

日の斑得て涼々と小湧く/河野南畦

花蓼に斑陽のさす鳳来寺/谷中隆子

鮎の斑の卵色なるつかれかな/志城柏

風の斑に方位失う花吹雪/永田タヱ子

顔に斑のいちじるしきが桜守/中田剛

雲斑らなる谷間に人家かな/京極杞陽

八月も終りに降れる雨に斑/高澤良一

雨ながら斑雪の光野に競ふ/堀口星眠

白鳥の帰北うながす斑雪山/野沢節子

雄鶏の木にのぼりたる斑雪/福島壺春

雀斑の顔六月を眩しむも/山田みづえ

生身魂老斑つねの静けさに/水口郁子

俳句例:61句目~

陽斑の草を離れてもゆる哉/石井露月

楢青み蔵王に縋る斑雪見ゆ/小林康治

初かがみ母嘆かせし雀斑も/石田郷子

傷みたる翼のごとき斑雪あり/関利光

反芻の牛に遠見の斑雪山/鷲谷七菜子

斑雪ある靄地を這へり落椿/石原八束

斑雪ダム湖の色に重なれり/平松周倭

斑雪坂は死角に樹風生み/河野多希女

牛の斑にひろがる海や桐の花/石寒太

斑雪山にぎやかに葬の人帰る/中拓夫

けふ暑くなること確か斑鯉/高澤良一

蜆汁妻の雀斑が病めりけり/小林康治

四島消えず列島模様斑雪/水出与志緒

地鎮めの竹担ぎ出す斑雪山/三森鉄治

納骨の人ら斑雪の端ゆけり/村越化石

斑雪山半月の黄を被るなり/大野林火

星の夜の星の斑の寒鰈こそ/友岡子郷

ふらここの鎖まつすぐ斑雪/角川照子

まのあたり雀斑親し青胡桃/富安風生

藁屋根に斑ら雪見ゆ梅の花/室生犀星

俳句例:81句目~

煩悩のほむらもあらむ斑雪/立田茂典

大山女背の斑光らす雪解水/火村卓造

水に映りて斑をふやす杜鵑草/檜紀代

天の斑駒鞣しに鞣す妣の国/高柳重信

天井に日の斑ゆらめく針供養/桂信子

斑雪嶺や雀尾長も声潤ひ/行木翠葉子

天皇も老斑持たす桜かな/田川飛旅子

残照が斑となる春の椨の森/佐川広治

妻に雀斑苗床の温度計光り/大熊輝一

東菊群れて天地斑の消ゆる/兵庫池人

秋天の下雀斑のこまやかに/山口誓子

斑雪村いま青天に包まるる/野村喜舟

晩涼の黒の勝ちたる斑の猫/高澤良一

斑雪山見えて空席多きバス/浅井一志

葉桜の斑や墓山に墓探ね/上田五千石

秋暑し豹の斑の日に粘り/富澤赤黄男

萩枯れて斑愈々濃し鹿の親/西山泊雲

三年鯉口に斑が出る霜の果/宮坂静生

点滴筒斑雪浅間の宙に吊り/堀口星眠

菊人形直衣の菊に斑ありて/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました