船室を使用した俳句

船室に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

船室を含む俳句例

船室の鏡冬潮時々耀る/桂信子

片陰を歩く一等船室の/茨木和生

秋風や船室深く観葉樹/大島民郎

波激し三等船室のバラ造花/杉本寛

航路冬忠君の琵琶船室に/宮武寒々

熱雷雨船室の鏡花卉驕る/宮武寒々

船室の冷房海を青くせり/茨木和生

船室の枕ちひさし雁帰る/奥坂まや

船室に琵琶弾く盲神送り/宮武寒々

橙を夜の船室と思い剥く/守谷茂泰

二等船室隣より来る夏の蠅/高澤良一

人いきれして船室に蝿生る/柏井季子

住み馴れしわが船室の初鏡/狩野刀川

船室を飛ぶ島抜けの草の絮/八染藍子

島近し船室を出る夏帽子/木暮つとむ

日焼けして二等船室雑寝組/高澤良一

景色よき側は西日の船室に/稲畑汀子

海底透視船室にゐる冬の蝿/鈴木節子

船室に水平線のあらきシーソー/篠原

船室にひとり初髪の幼な妻/福田蓼汀

俳句例:21句目~

大揺れの船室で食ふ青葡萄/鈴木鷹夫

船室に鈴つつしむよ秋遍路/綾部仁喜

船室の一隅に髪洗ひをる/夏井いつき

船室の勿忘草のなえにけり/佐藤眉峰

船室の暖房効いて客まばら/下城宇良

船室の曇り鏡やサイネリア/福島閑子

南米へ航く船室の障子の間/芝崎枯山川

船室のカレンダー土曜春の風/中村汀女

船室のノブの輪飾り風に鳴り/高澤良一

相客の欠けて船室夜長なる/五十嵐播水

船室に雑寝卯波の為すままに/高澤良一

花疲れ湯疲れの身を船室に/高頭芳櫻子

船室に身が浮き上がり冬海航く/芳野正王

船室の明るさに枇杷の種のこす/横山白虹

船室にあらせいとうの香の満てる/高澤良一

燈下親し船室の灰皿ブイに似て/榑沼けい一

船室に降りこむ火山灰や鳳作忌/布施伊夜子

颱風や船室のごとく玻璃よごれ/山口波津女

船室に活けて反り身のグラジオラス/高木公園

船室の蝿うまれたるばかりかな/久保田万太郎

俳句例:41句目~

水仙挿して船室暮らしに似たらずや/鈴木栄子

タイトルとURLをコピーしました