真紅を使用した俳句

真紅に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

真紅を含む俳句例

簪の珠真紅かねたたき/中田剛

椿真紅椿純白霊気満つ/滝青佳

檀の実裂ける力ぞ真紅/斎藤素子

笹緑鰤まくれなゐ蕪白/高橋睦郎

忘年や醸れて梅酒の真紅/辻桃子

愛染や花の荒びの真紅/長谷川櫂

地球儀の列島真紅桜の夜/朔多恭

牡丹に未開の真紅かじか領/原裕

春暮るる雉子の頬の真紅/福田蓼汀

梅干の種の真紅と蟻地獄/近藤一鴻

青木の実青きを経たる真紅/貞弘衛

流水に真紅うつらず蛇苺/山口誓子

渾身の力は真紅冬木の芽/折井眞琴

釣られざま鱸真紅の口開く/磯直進

膝掛は真紅花見の人力車/村上美枝

馬柵の下凍る苔桃真紅なり/堀口星眠

初暦真紅をもつて始まりぬ/藤田湘子

秋航へ鮫の真紅の肺を見て/齋藤愼爾

厚房の真紅めでたし麻耶参/大谷句佛

富士茜真紅の冬日しづみければ/篠原

俳句例:21句目~

寒梅に夕日の真紅浸み透る/笹尾操子

雪の嶺真紅に暮るゝ風の中/相馬遷子

真紅もて白昼を継ぐ灌仏会/小笠原理

唐突の真紅がよけれ猩々木/高澤良一

笹みどり鰤まくれなゐ蕪白/高橋睦郎

干梅の夜も真紅の香を送る/高橋利雄

絨毯の真紅に年の豆こぼれ/大野紫水

芍薬や蕊の心まで真紅にて/鈴木花蓑

船絵馬の旭真紅に雪解かな/野沢節子

大寒や真紅に伸びる日の翼/相馬遷子

芍薬の芽のまくれなゐ手毬唄/寺井瑞

真紅とは瞼にともる唐辛子/中村明子

寒椿その一喝の真くれなゐ/徳武貞子

実南天柄まで真紅や自若たり/草田男

実南天紅葉もして真紅なり/鈴木花蓑

絶海の一方向のまくれなゐ/横山康夫

お花畑ゆふべ真紅の霧を噴く/堀口星眠

母病むや闇に真紅の躑躅燃え/相馬遷子

がまずみの真紅母より便り来ず/石寒太

渓紅葉真紅の妻の振りかへる/落合水尾

俳句例:41句目~

畳よりすぐに真紅に雛の段/中田みづほ

鶏冠の真紅ながるる露むぐら/堀口星眠

どぜう屋の炭火真紅に冬来る/細見綾子

秋湖澄み富士の落日真紅なり/富安風生

粉炭の火掻けばたのしき真紅あり/篠原

耳袋真紅に鶴を見てゐたり/喜多みき子

蓬莱の国の真紅の賀状かな/小宮山政子

返り咲くための蕾を真紅にす/池田秀水

鍵束の紐を真紅に父亡き秋/神尾久美子

バラ真紅天の濃淡うばひけり/河野南畦

青天と辛夷とそして真紅な嘘/三橋鷹女

鞭かざす馬上の友や薔薇真紅/角田泰子

鳥雲に真紅の毬をかなしめり/永島靖子

鳳凰木真紅に咲けり蝶湧けり/石原八束

古根に浮きて虎杖の芽や真紅/西山泊雲

吸ふ息のはげしさ春のばら真紅/杉本寛

春疾風火を抱き窯まくれなゐ/長谷川櫂

洲の芦の騒ぎ竃火まくれなゐ/木村蕪城

金時の墓の病葉まくれなゐ/松永みね子

一政の心頭の薔薇真くれなゐ/高澤良一

俳句例:61句目~

大賀蓮神も仏も真くれなゐ/古谷比呂子

太子会やかかげて貝の華真紅/飯田晴子

紅梅は蕾のうちの真くれなゐ/高澤良一

戸の隙に真紅の日あり寒の入/相馬遷子

旅情まづ梯梧の真紅那覇五月/河野静雲

梅雨めくや入日真紅に真円に/相馬遷子

大いなる紅葉の真紅揺らぎをる/京極杞陽

げんげ田真紅一瞬にして白もどる/三谷昭

真紅なる薔薇抱かされぬ秋灯裡/石塚友二

すさまじき真紅捩れて雁来紅/八木林之介

実茨のひとかたまりの真紅かな/岡田日郎

踊り子へやんやと放つ薔薇真紅/嶋田麻紀

踊る夜を嬢っこ真紅のしごき帯/高澤良一

ガーベラの真紅の中に妻が居る/吉原波路

巨いなる真紅の如露を農婦提ぐ/石田波郷

皮の真紅身に滲みおり堅き桃/田川飛旅子

仏桑花真紅の声を挙げて基地/山田みづえ

活けられて寒薔薇真紅なる呪詛/嶋田麻紀

南天の真紅撒きしは鵯か吾子か/堀口星眠

生国や寒の朝日のまくれなゐ/木附沢麦青

俳句例:81句目~

火炉の天真紅に染みぬ春の闇/樋口玉蹊子

黐の実の真紅きはまる法隆寺/佐々木蔦芳

老いらくの血を耀かす薔薇真紅/小出秋光

犬の舌枯野に垂れて真紅なり/野見山朱鳥

爆心地真紅は薔薇のほかになし/池田秀水

婚の燭焔をたつるとき薔薇真紅/加藤耕子

青いのと真紅と笊のたうがらし/川崎展宏

麦稈を焚く火の真紅その日暮し/平畑静塔

寒椿咲き切れずあるまくれなゐ/島村茂雄

まくれなゐなる睡蓮の一巻葉/上野さち子

花咲蟹茄でて真紅を越えにけり/吉田紫乃

八重白梅支ふる萼の真くれなゐ/都筑智子

嘘質すべきか椿の真くれなゐ/稲垣きくの

玉の緒の今こそ真紅初日いづ/千代田葛彦

遍路笠きりりと紐の真くれなゐ/永沼弥生

夕焼へ真紅の玻璃扉ひらき出づ/鷲谷七菜子

夕焼消え真紅の薔薇を抱き来し/野見山朱鳥

薔薇の芽の真紅を洗ふ雨となりぬ/岡田日郎

薔薇の芽の真紅詩の血を師より享け/早崎明

真紅とはこの花のことアマリリス/川口咲子

タイトルとURLをコピーしました