一喝を使用した俳句

一喝に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一喝を含む俳句例

達磨忌にこは一喝の雷の音/蝶夢

寒雷の未明一喝裏日本/鈴木栄子

山桜天に一喝あるごとし/あざ蓉子

一閃のあと一喝の鰤起し/山崎羅春

骨太の父の一喝枯はちす/大槻和木

棟梁の一喝手斧始めかな/兼安昭子

太陽の一喝に燃ゆ冬紅葉/柿谷房子

寒垢離の一喝山に谺して/藤田達子

一喝は父の声とも冬の雷/今村征一

白鷺の一喝したる冬茜/佐々木六戈

一喝の霧ふきかけて闘鶏師/高橋獺祭

一喝めく同志の別辞受難節/香西照雄

初夢や夫の一喝もらひける/小西久子

寒椿その一喝の真くれなゐ/徳武貞子

春雷の一喝に猫すつとびぬ/田中玉江

父よりも母の一喝雲の峰/北見さとる

昂れる馬に一喝野ン馬武者/石川文子

荒行の一喝山はしぐれけり/安藤葉子

虫出しの一喝を浴び清盛祭/内藤英子

雲水の一喝を吐き毛虫焼く/森永杉洞

俳句例:21句目~

青鷺の一喝を浴び柩車出づ/須並一衛

一喝する父の言葉や山椒の実/上田雅子

一喝に似て鮟鱇を糶りおとす/今瀬剛一

一喝に鴉を翔たす曼珠沙華/横山美代子

一喝を待つこころあり初茜/正木ゆう子

初勤行の一喝燭をゆらしけり/永口静子

教師には作為の一喝鵙啼けり/香西照雄

牡丹咲きいま一喝の父が欲し/古館曹人

禅僧の一喝蜂も男女も散る/加藤知世子

起きぬけを一喝されて春の雷/中沢菊絵

山ざくら天に一喝あるごとし/あざ蓉子

零余子忌いま一喝の雨賜ふ/長谷川秋子

しぐるるや一喝されて牛歩む/小俣由とり

一喝の父いっぽんの万年青の実/金子楚江

水洟の師の一喝をおそれけり/大橋櫻坡子

雷一喝御七夜荒れのまぎれなし/岩城未知

忌の事に柿のあるじが一喝よ/中塚一碧樓

タイトルとURLをコピーしました