緋を使用した俳句

俳句例:201句目~

翁忌へ行かなと緋の菜洗ひをり/北村保

緋桃菜の花遺残空洞胸に抱く/石田波郷

野馬追の緋縅の武者若からず/大堀柊花

紅梅や翠簾をこぼるゝ緋の袴/正岡子規

紅壺に収めし緋の裳石榴蕾む/香西照雄

師走の身触れあふ緋鯉長挨拶/香西照雄

緋連雀冠毛立てて群れ下りし/原田浜人

緋連雀あさきねむりの縁をとぶ/渋谷道

緋桃の緋畑の空にぶちまけて/高澤良一

床下に緋鯉を飼つて鯉屋敷/前田まさを

緋袴のよぎりしあとの寒牡丹/水田光雄

池普請緋鯉は別にしてありし/関戸靖子

恤ぬりし野万朶の緋寒桜かな/桑田青虎

あたたかな緋鯉集ひぬ一と餌に/原子公平

秋暗しまた燃え返すカンナの緋/林原耒井

雪吊の見ゆる部屋なる緋の蒲団/鈴木鷹夫

雪夜消す灯の残像の緋から青/千代田葛彦

緋の糸を曳いて椿は落つるなり/齋藤愼爾

養鯉池雨に緋鯉のうすぼんやり/高澤良一

鯉の緋に水のうるむや実朝忌/高木杜萌子

俳句例:221句目~

鱗一枚落して緋鯉沈みけり/長谷川かな女

鵜篝の百の緋文字をしたたらす/加藤耕子

黒繻子に緋鹿子合はす暮春かな/飯田蛇笏

だだ押しの僧の緋衣緋の木沓/山中みねこ

ひとときの夕焼よりも緋の記憶/櫂未知子

ひと本の緋桃咲き満つ吉備津彦/内藤恵子

ぽつかりと浮きし緋鯉や春の水/野村泊月

カンナの黄雁来紅の緋を越えつ/飯田蛇笏

サルビアの緋の一枚の馬券買う/対馬康子

モスリンのやうな緋鯉の色茫と/京極杞陽

一身を緋にみごもれるうぐひかな/小林子

冬の水緋鯉打つべく落ちにけり/落合水尾

冬の蜂聖画しづかに緋に燃えつ/小池文子

冬休となりしマントの緋裏かな/久米正雄

冬帽をぬがるる緋裏ちらと見し/亀井糸游

冷まじや箪笥に納む明治の緋/相澤いさを

凌霄の木戸口に緋をかぶりけり/斉藤利枝

初春の香のものとて緋のかぶら/大橋敦子

刻々と緋を溜めてゐる石榴の実/飯田龍太

古頭巾裏は燃え立つ緋羅紗かな/高浜虚子

俳句例:241句目~

吾子の瞳に緋躑躅宿るむらさきに/草田男

土雛市桃はしもとに緋をあつむ/松木敏文

大いなる緋鯉にじみて照る氷/佐野青陽人

大鯉のことに緋鯉の水澄めり/横岡たかを

太郎冠者てふ緋牡丹や緋の煩悩/山本光胤

妻も亦敵かも知れぬ緋のカンナ/藤田守啓

宝恵駕をはみ出て厚き緋座蒲団/森薫花壇

宵闇の緋鯉にはかに非を明かす/攝津幸彦

寒緋鯉医師への言葉整ふる/鍵和田ゆう子

屈託もなくて緋鯉の浮き沈み/渡辺たか子

広芝の風の行方にカンナの緋/中口飛朗子

引かんとや小松かくれの緋の袴/正岡子規

抱へたる大緋手鞠に酔ふごとし/飯田蛇笏

掛鏡死して緋木瓜になりたるよ/栗林千津

時計鳴り猩々木の緋が静か/阿部しょう人

真姿の池に緋鯉の生まれけり/河村むつ子

木下闇しどみに末の緋がひとつ/木津柳芽

未婚の夏過ぎぬ木馬の緋の手綱/友岡子郷

極月の法師をつつむ緋夜着かな/飯田蛇笏

楸邨佇つ秋の緋暗き大蓖麻に/赤城さかえ

俳句例:261句目~

毛氈の緋のはなやぎや年忘/久保田万太郎

緋の蕪の三河嶋菜に誇つて日く/正岡子規

緋の蕪や膳のまはりも春けしき/正岡子規

緋の蕪尽きて紅梅の散らんとす/正岡子規

緋の蹴出し流れるやうに阿波踊/鈴木石夫

緋の躑躅ここにかしこに人乾き/清水径子

移し植えて信濃の緋桃三年ごし/松村蒼石

五合目に雪来て緋蕪洗ひをり/福田甲子雄

真鯉緋鯉触れ合うてゐる朧かな/井上康明

緋寒桜の暗闇にふれ火傷する/岸本マチ子

緋寒桜ほうと見とれて雪国びと/中山純子

緋寒桜見むと急ぎて日暮れけり/邊見京子

痩身の宮司さやかに緋を纒ふ/鳥居美智子

緋桃みるわが青春は遠く去り/高橋淡路女

緋桃咲く恋風もそのあたりより/友岡子郷

緋桃暮る村の水場にをみなごゑ/加藤耕子

緋桜を浴び人の世にブルータス/玉城一香

留守の庭緋椿咲くは華々し/長谷川かな女

緋目高の一つ孵りてよりぞくぞく/上村占

緋目高の小さなる程せはしなや/星野立子

俳句例:281句目~

緋目高の溌剌として気ぜはしく/今泉貞鳳

緋目高の見詰むる風の行方あり/永井龍男

緋目高を買ひ来し灯の下にこそ/永井龍男

緋緞子の美しき夏の蒲団かな/高橋淡路女

緋蕪菁を買ふ乳母車かたへにし/石原八束

緋襷の火傷はふかしほととぎす/野澤節子

緋連雀きのうのことはみな忘れ/宮崎重作

節分の巫女の緋ばかま雪を刷き/斎藤一菜

緋連雀空に渦巻き屋根越ゆる/藤ケ谷恭子

素盞嗚の緋の川上の夏蜜柑/うさみとしお

緋鹿子にあご埋めよむ炬燵かな/杉田久女

羽な焼きそ燃ゆる緋桃の枝の鳥/尾崎紅葉

牡丹の緋のふうはりとぬけだしぬ/松澤昭

舟へ運ぶ真水さざめく緋桃の季/熊谷愛子

芥子は緋に羊汚れて草食める/上野さち子

父の忌は紺母の忌は緋の朝顔よ/松尾隆信

荒野にて緋桃三本燃えさかる/小枝香穂女

蓄へし緋のあからさま桃ひらく/原コウ子

緋のいろのたちまち遠し流し雛/角川照子

藻の花にふつと浮出る緋鯉かな/正岡子規

タイトルとURLをコピーしました