緋を使用した俳句

俳句例:101句目~

緋の彩は発心さそふ緋衣草/小川文子

緋の色の尾びれをひろげ金草/岬雪夫

緋の菫木箱ともども匂ふなり/中田剛

掻き曇り緋寒桜に雪しぐれ/伊東宏晃

緋の鯉に鴉恋ひして夏旺ん/鈴木鷹夫

古瓦積まれて緋桃まつ盛り/松村蒼石

古草の緋いろに十二単かな/小林鱒一

緋めだかの卍巴に水辺晴れ/山田弘子

斑鳩の潰えし土塀緋桃咲く/伊東宏晃

緋座布団たまはる彼岸の鐘の中/青邨

新松子鼓の緋の緒締め直す/谷中隆子

緋桃咲く何に汲みても水光り/岡本眸

奥庭やもみぢ蹴あぐる緋の袴/正岡子規

愛一途緋桃は藪を透きにけり/木下夕爾

緋袴に坐してひとりの寒復習/黒田杏子

玉座あり緋蕪洗ふ流れあり/大峯あきら

竹を好む主に咲きし緋桃かな/尾崎迷堂

うぐひ漁千曲の投網緋にからむ/堤圭慥

流し雛緋の一連となりてゆく/三好潤子

竹の穂の絡まりて高き緋桃哉/西山泊雲

俳句例:121句目~

緋蕪も飛騨の炭火も赤きころ/石原八束

白桃の八重の花辯に降る緋桃/原コウ子

撫子の八重は一重は緋は白は/会津八一

緋縅の蝶吹き上げよ那智の瀧/筑紫磐井

料峭の緋目高すぐに見失ふ/西山せつ緒

涅槃会の僧を待ちゐる緋毛氈/吉野義子

緋の色の他は薄れて涅槃絵図/田所節子

鶏頭の緋はもの思ふ色ならむ/辻美奈子

ひしめきつ冠羽揃えて緋連雀/久永光子

田楽の緋の装束へばつた飛ぶ/井村和子

映りたるつゝじに緋鯉現れし/高浜虚子

鯉の跳ね万緑一瞬緋の入りぬ/尾崎弘子

ぼうたんの濤に緋の刻白の刻/手塚美佐

緋目高を数へてをりし男かな/栗林千津

緋の絨毯吾をみちびく避寒宿/山口青邨

馬の背や緋蕪のぞかすお霜月/石橋秀野

りんご刺す木に黄連雀緋連雀/西岡晴子

わが闇の宝庫となりし緋桃の木/渋谷道

わびしらに桜ちるなり緋の袴/正岡子規

春の夜や重ねかけたる緋の袴/正岡子規

俳句例:141句目~

風を帰し妻の手籠の緋蕪かな/黒川憲三

緋の目高布袋葵の根に孵る/遠藤アサ子

秋澄みて緋鯉は人に親しかり/高橋利雄

霙降る池の緋鯉は沈みけり/今成無事庵

パスワード忘れて緋鯉錦鯉/松田ひろむ

緋の牡丹赫と眼尻切れしかと/野澤節子

雪掻の巫女の緋袴舞ふに似て/田塚公晴

石の原緋の一脚の椅子もなし/大井恒行

雪ひひと緋の裏わびし妻の帯/細谷源二

曲水の円座にどかと緋衣の僧/江口竹亭

緋縮緬噛み出す箪笥とはの秋/三橋敏雄

雛段の緋にも疲るる齢かな/能村登四郎

冬に入る一本の緋は僧の傘/小島千架子

緋目高の緋は兄弟の秘密なり/栗林千津

緋の蕪にはかなき霜の命かな/正岡子規

緋目高の上目遣いに逝くなんて/糸大八

緋の桃に近寄り過ぎぬ心拍音/高澤良一

緋の袈裟のずしりと後の更衣/川澄祐勝

冬日浴びをる夫の背緋鯉の背/中山純子

冷まじきまで緋縅の甲斐の山/根岸善雄

俳句例:161句目~

松さびて緋鯉も居らず秋の水/正岡子規

梟の森にかけたき緋の毛布/鳥居真里子

梶の鞠緋の水干をかすめたる/大石泉冷

初雪や笠に付けたる緋のきれ/服部嵐雪

緋寒桜ちる沖縄を終の地に/八牧美喜子

十月桜咲き先帝の御衣の緋/伊藤いと子

炭焼の住める山家や緋鯉飼ふ/根岸善雄

釣殿の橋をめぐれる緋鯉かな/籾山梓月

遣羽子や官女老いたる緋の袴/正岡子規

緋をまといいる初蝉のつぎの蝉/澁谷道

死の十日あとの空より緋連雀/友岡子郷

周防とや緋鯉の水に指ぬらし/飯島晴子

咲きそむる緋寒桜の名護の町/磯野多希

噴煙は阿蘇のかんむり緋連雀/藤原和子

緋の僧のゆふべ踏み行く紅葉かな/青蘿

行人とありまぼろしの緋連雀/鈴木修一

緋目高のつついてゐるよ蓮の茎/原石鼎

蕪引て緋の蕪ばかり殘りけり/正岡子規

夕映や壜にふくらむ目高の緋/丹羽啓子

外套の裏は緋なりき明治の雪/山口青邨

俳句例:181句目~

蒲の穂に緋の絨緞の見ゆる家/飯田龍太

葉櫻にひまな茶店の緋毛氈/成瀬桜桃子

母と子の手波に大き緋鯉来る/加藤典昭

大琵琶の天指す丸太緋蕪干す/古谷彰宏

大雨の緋鯉を獲たり四つ手守/木津柳芽

緋毛氈に菜の花こぼししは誰/岡田史乃

太宰府や梅干す巫女の緋の袴/森永英子

緋の蕪干し千那寺を守りけり/花岡明美

白桃は沾み緋桃は煙りけり/芥川龍之介

緋椿に雪を忘れし羆座す/長谷川かな女

娘に贈る帯のひとすぢ緋連雀/田原シヅ

菊人形遊女は緋菊薄く着て/吉田ひろし

白秋亡し緋目高のぼる三の井手/有働亨

緋梵天黄梵天父の雪かたし/河野多希女

宴果てぬ猩々木の緋に疲れ/文挾夫佐恵

水仙や試筆のあとの緋毛氈/久保より江

寒桜緋のマフラーを巻き直し/高澤良一

緋かぶらや手織木綿の湖国人/山本古瓢

牡丹散るにかくまで緋を尽し/渋谷天眠

水涕に裂くや逢ふ夜の緋縮緬/尾崎紅葉

タイトルとURLをコピーしました