緋を使用した俳句

緋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

緋を含む俳句例

緋袴と紫袴弓始/塩川雄三

二月の籠鶯の緋總かな/原石鼎

緋縅の如全山の粧ひぬ/山本歩禅

乙女椿緋乙女椿苗木市/西本一都

緋縮緬着て男衆六斎会/東野鈴子

一幹の緋寒桜に行脚僧/野中千秋

緋木蓮の焔なす下三輪車/森澄雄

緋毛氈の上に春筍の籠/川崎展宏

奔り出す緋縅落葉一騎あり/林翔

黄鶲が出れば緋鶲雪の上/原石鼎

花野にて耳に緋房は羊の仔/林翔

生徒の眼緋桃買ふ吾を祝福す/林翔

巡禮や緋鯉にひらく大扉/古舘曹人

水仙の国の海ゆく緋毛氈/兵頭幸久

緋桃さく水車の裏の桑畑/寺田寅彦

緋に念じ白に祈らむ牡丹寺/林昌華

緋ざくらを遠望のまま道撓む/耕二

庭に飼ふ鯉の緋衣灌仏会/堀口星眠

緋ごろもの何僧正や歌かるた/静雲

御僧の遺愛の緋鯉とて大き/森重昭

俳句例:21句目~

心経を唱へ緋鯉の稚放つ/山本悦子

緋衣を一著日灼和尚かな/河野静雲

窯跡の緋の陶片や冬の山/小川軽舟

神座の緋鯉を啖らふ雪女/石原八束

ふるさとは緋蕪漬けて霰どき/蒼石

初勤行門跡は緋の衣召し/光野昌平

眼裏に昔が光る緋鶏頭/高見加代子

真鯉の髭緋鯉の髭や冬泉/川崎展宏

石叩死の緋縅を閨のうち/古舘曹人

新しく緋鯉加へし幟立つ/松田義朗

餓鬼岳は紅葉緋縅岩鎧ふ/福田蓼汀

灌仏や忍び参りの緋の袴/正岡子規

雛壇の緋が暗闇にひろがれり/耕二

銃袋緋にぞ背負ひて猟始/亀井糸游

土牢の影さす雛の緋を飾る/紀音夫

能登どこも緋蕪畑を畑境/不破幸夫

肢長く姙り緋桃緋を尽す/和知喜八

練供養地蔵菩薩は緋の衣/延江金児

朝市の映れる川に緋鯉飼ふ/泉春花

緋目高の生の喜びめく泳ぎ/山下美典

俳句例:41句目~

土佐が画や春の裾山緋の袴/正岡子規

藻の花に緋鯉の頭隠れけり/正岡子規

緋蕪一つ育つ子の畑万愚節/大橋敦子

春芝へ絨毯の緋の流れやむ/高梨花人

あわあわと命連れ立つ緋連雀/安田笙

緋衣をまとふ方丈初芝居/佐久間慧子

うつれるは緋毛氈のみ雛鏡/西本一都

緋連雀死亡通知が舞ひ戻る/塚本邦雄

緋金に日蓮の性あらむかな/筑紫磐井

有明に緋鯉釣るべき柳かな/藤野古白

緋鯉散り切味持てる山の水/野中亮介

大牡丹塵吸ひ底に緋を湛ふ/香西照雄

緋鯉浮く池の小さし康成忌/岡田壮三

ここ河津緋寒桜の田舎咲き/高澤良一

こてい牛に緋飾をして謡初/中川四明

この山に緋桃が咲いて御開帳/森澄雄

緋鯉浮上花嫁の父話しだす/伊丹公子

縁側に緋毛氈ある日傘ある/京極杞陽

芋洗ふ底を濁せし緋鯉かな/西山泊雲

枝もろし緋唐紙破る秋の風/松尾芭蕉

俳句例:61句目~

花冷や絨毯の緋や恋ひわたる/齋藤玄

若き日の母の哀楽緋角巻/下山田禮子

草木瓜の花山国の緋を極め/飯田龍太

菊暮れぬ菊見の宴の緋毛氈/松藤夏山

藪柑子久女鷹女と緋の系譜/山根真矢

蚊喰鳥この緋枕のみる夢は/後藤綾子

行年の落葉の下の緋鯉かな/野村泊月

鉾を待つ二階手摺の緋毛氈/野村泊月

よう放し支度盥に緋鯉入れ/高澤良一

比叡の水引きて里坊緋鯉飼ふ/川勝春

銚子緋繻春風吹くや古衣店/正岡子規

寒緋桜ひらく真下の猫の神/白澤良子

開き初む厨に活けし緋桃より/樋笠文

雪嶺を落ち来たる蝶小緋縅/川端茅舎

寒緋鯉花瓣のごとく沈みけり/大串章

雪林の朝日を浴びに緋連雀/堀口星眠

雲助の裸で寝たる緋木瓜かな/泉鏡花

水涼し緋鯉真鯉と浮き変り/今村蕾橘

水美し山都は川に緋鯉飼ふ/岡田日郎

山雀や舞台は敷きし緋毛氈/野村喜舟

俳句例:81句目~

霜旦のイエスに通す緋毛氈/高澤良一

一束の緋薔薇貧者の誠より/杉田久女

氷水きて緋毛氈の端濡らす/石川桂郎

頬の辺に裏の緋ちらと雪頭巾/杉山々

鬱の日の沸点にゐて緋の躑躅/石寒太

鬼燈も紅葉しにけり緋金巾/尾崎紅葉

優踊りこれ男にや緋の袖裏/高澤良一

黄塵や逃げし緋鯉が橋の下/岸本尚毅

鼬傷片目に受けし緋鯉かな/茨木和生

祝月緋綿も見えて綿屋かな/村上鬼城

御田植うる緋袴胸に高結び/岸風三楼

神の庭緋鯉の跳ねし水匂ふ/藤谷紫映

恵那山は雲被て深し緋連雀/皆川盤水

惜春の座や脇息と緋座布団/細井蕗有

秋雨や色のさめたる緋の袴/正岡子規

種俵緋鯉の水につけてあり/星野立子

空席の緋いろ深しや二の替/鷹羽狩行

出初して緋威の肌消防車/百合山羽公

粉河寺肩掛の緋も蘇鉄樹下/石原八束

経唱へ緋鯉を放つ奈良乙女/山田春生

タイトルとURLをコピーしました