筵を使用した俳句

筵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

筵を含む俳句例

繭嵩の筵の間に居/小澤碧童

先匂ふ真菰筵や草の市/白雄

敷換へて正月遅し青筵/秋毛

花筵往生際の話など/塚本忠

店や遅き日影のつり筵/樗堂

稲筵近江の国の広さかな/浪化

一筵ちるや日かげの赤椿/去来

青かりし時より清し餅筵/蓼太

冷汁の筵引ずる木蔭かな/一茶

一と筵大小鏡餅並ぶ/滝沢鶯衣

一灯を鼠に備へ餅筵/西山泊雲

片尻は岩にかけけり花筵/丈草

神棚の下に一枚餅筵/森田君子

寝筵や虱忘れてやゝ寒き/一茶

山寺や切干筵松籟シ/尾崎迷堂

盃を天に飛ばして花筵/上野泰

白山の神降臨の花筵/近藤一鴻

避暑人に近く鯵干す筵かな/篠原

輪飾や織上げ近き筵機/木村仁美

筵旗掲げ埠頭に初荷船/土屋保夫

俳句例:21句目~

裏湿りをり炎熱の麦筵/豊田/昇

今年藁青き筵や熊手市/中村汀女

茄干しの一ト筵坊の縁/伊藤風楼

蜑の家角又干せる一筵/岡安迷子

筵旗朽つるにまかせ女日焼/柏禎

聖域と教へし筈の梅筵/櫂未知子

有線の声の野太き梅筵/増成栗人

紅葉狩筵の下に岩の山/長谷川櫂

傷兵の義肢が跼める荒筵/三谷昭

齢富む一間に寝ねて餅筵/森澄雄

畦道を好き放題に雉筵/高田正子

籾筵百枚渡り往診医/小池つと夢

夜桜やひとつ筵に恋敵/黛まどか

花筵ふいに淋しき風の中/林青峰

青空へ祭舞合は筵がけ/太田鴻村

寝筵や野分に吹かす足の裏/一茶

小豆干す筵一枚大野寺/石井桐陰

体育の日の山頂に彩筵/筏奈雅史

梅干の紅染みし筵かな/太田南岳

萍草を吹きあつめてや花筵/蕪村

俳句例:41句目~

山梔子を乾かしありぬ一筵/夕芽

雨雲の夕栄すなり稲筵/子規句集

能因の墓の前なる籾筵/野村泊月

色鳥や筵一枚夕日の座/村越化石

凸凹の坐りごこちの花筵/岸田稚

風立つや坐り直して花筵/岸田稚

餅筵ほてり白眉の父が立つ/原裕

餅筵書斎狭むること許す/安住敦

高遠城濠の底まで花筵/村上冬燕

能初め鉾神の坐す荒筵/巌谷小波

母の忌や草の湿りの花筵/奈良文夫

荒筵澤瀉細く活けて住む/石田波郷

甲板に桃の荷ひさぐ荒筵/伊藤京子

些かの序の乱れたる花筵/今泉貞鳳

草野球帰りの花の筵かな/服部/満

筵おる伏屋が軒の南瓜かな/中勘助

苗床やはねて又きせ覆筵/西山泊雲

浦上や花の筵に神父さま/末広/京

出勤す我に妻はや筵織り/前田六霞

切干も筵も甘き香に乾く/江口良子

俳句例:61句目~

苗床に筵の厚き一夜あり/綾部仁喜

玄関はどこにあるやと花筵/辻桃子

十夜ある昼の筵に霰かな/田中寒楼

あけたての筵一枚鴨番屋/大石悦子

花筵青洟垂るる子がひとり/辻桃子

古筵もて路地奥の雪運ぶ/石川文子

花筵野党与党の村議ゐて/井村順子

花筵端の暗さを重ねあふ/能村研三

福達磨重なり糶らる荒筵/北村風居

神棚の前より敷きぬ餅筵/高浜虚子

静かなる国旗の影や籾筵/野村泊月

四國路や小山の底の稻莚/正岡子規

団欒をたたみて戻る花筵/眞砂松韻

紅に朝日さしけり餅筵/貞木句之都

糀散るべつたら市の荒筵/平岡仁期

花筵山の夕冷え払ひけり/高澤良一

夏の夜のこれは奢りぞあら筵/惟然

筵織る一筋ごとの藁匂ふ/安福降詞

霜月のさ筵かけし人葬る/萩原麦草

松山の城を載せたり稻莚/正岡子規

俳句例:81句目~

夕烟りまとうて畳む籾筵/石原八束

磯振りや筵の上に夏書筆/加藤耕子

電柱の影が乗りくる籾筵/辻田克巳

枝に吊る筵の日除地蔵盆/田中紫水

花筵夫の視線の先に美女/川崎榮子

大豆干す筵二枚の納戸光/村井国男

枯茨に投げし筵や雪少し/山本梅史

天窓に月がありけり餅筵/皆川白陀

砂浜の砂あたゝかき粟筵/中村汀女

真ん中は赤子が座る花筵/松塚大地

太宰府の訪ふ先々の梅筵/川崎慶子

盆用意先づ菰筵編み始め/白石高一

花筵四隅を残し円く座す/池田秀水

花筵入水のやうに靴置いて/大牧広

子が鬩ぐ枕辺の餅一と筵/小林康治

雲軽き日は音出して豆筵/影島智子

寝筵にさつと時雨の明りかな/一茶

寝筵や窓から這入る草いきれ/一茶

門松や霜に敷きたる新筵/大谷句佛

走り出て花見筵を貸す女/荒木花王

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました