学僧を使用した俳句

学僧に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

学僧を含む俳句例

学僧の百姓面や帰り花/小澤實

学僧の戒律の額緑射す/津田清子

法螺習ふ学僧ふたり夕桜/岡田日郎

睡蓮を植う学僧の泥手足/木内彰志

学僧の焚火の群に郵便夫/山田狭山

学僧の素足みとどけ冬雀/松村蒼石

学僧の傅きゐるは閻魔王/今井妙子

学僧を破戒に誘ふ仏法僧/高橋弘道

たかんなや学僧の眉一文字/大野林火

たつつけを穿く学僧の不言/岩崎照子

学僧のおとがひ青き日蓮忌/吉川禮子

学僧のふどしが干され秋麗/石川桂郎

学僧のふるさと遠し絵蓬莱/大島民郎

学僧の下駄並べあり冬安居/樹下敏諦

学僧の墓ならびおり木下闇/深町坦流

学僧の夜座すみし朝花楓/金井久仁雄

学僧ら眠り短き蒲団干す/塩谷はつ枝

春蝉や学僧ひとり逍遥す/水原秋櫻子

学僧の朝の顔なり大根引く/野口久栄

百畳を拭く学僧の秋思かな/那須淳男

俳句例:21句目~

餅を搗く力自慢の学僧ら/上田正久日

鮎釣や学僧が詩に他ならず/尾崎迷堂

塵なきを掃く学僧や鑑真忌/肥田埜勝美

学僧のすめるまなざし秋の雲/河野静雲

学僧やよくトマト喰ひ華厳狂/河野静雲

学僧を日ざらしにして百日紅/廣瀬直人

学僧の素足に寒の炎むら立つ/古市絵未

蛇嫌ひなりし学僧わがあとに/後藤夜半

触れてみたきは学僧の夏ごろも/澁谷道

いづれかはかの学僧のしぐれ傘/田中裕明

学僧の捧げし新茶受けにけり/黒田櫻の園

学僧の耳のくれなゐさくら冷/つじ加代子

霍乱に学僧高野下りけり/福島せいぎ「旅鞄」

ヴアレンタインの日学僧の眉澄むに遭ふ/稲垣きくの

タイトルとURLをコピーしました