いのちを使用した俳句

いのちに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

いのちを含む俳句例

寿身延詣での紅支垂/高澤良一

白馬會に賜はる酒の壽/筑紫磐井

きくの露受て硯のいのち哉/蕪村

寒月や翼の如くいのち去る/朱鳥

衰へしいのちを張れば冴返る/草城

春の光絵師のいのちの貝殻に/原裕

文月のひと日ひと日が寿/長谷川双

初嵐いのちまるめて雀飛ぶ/林昌華

黒蟻やいのちの列の一行詩/林昌華

啼く虫のいのちの冷や箪/中島月笠

新暦いのち授る如くあり/竹中弘明

白の触れ合ふいのち掌に/佐野/健

新涼のいのちしづかに蝶交む/蒼石

あかあかと麹のいのち冬隣/長谷川櫂

いのちみな死をば携ふ鵙の贄/林昌華

朝顔は命の中のいのちかな/正岡子規

蜩はいのちの初夜を啼くならむ/照敏

白のいのちの嵩を量り売る/佐野達枝

寒桜淡きいのちを宙に揺る/三宅一鳴

一匹の蜂いのちなが冬牡丹/山本歩禅

俳句例:21句目~

寒紅をさし甦るいのちかな/樋口葉子

切干やいのちの限り妻の恩/日野草城

白繭のいのちの韻を妣の国/白澤良子

高齢のいのち明りに虎が雨/矢吹湖光

蔦紅葉絡むいのちは衰へず/荻江寿友

面上の星はいのち火冬銀河/井沢正江

雪深し経をいのちの峠越え/中川宋淵

煮凝やいのち重しと呟くも/角川春樹

三寸の水を蜆のいのちかな/正岡子規

脳天まで貫くいのち冬景色/各務麗至

浪音にあらがふいのち鬚髯白く/篠原

萩薄秋を行脚のいのちにて/正岡子規

野分中いのち小さく浪の上/野澤節子

遠桜いのちの距離とおぼえけり/林翔

いのちかけて待ちゐし鰤や鰤来る/占

萍の杭に一日のいのちかな/正岡子規

いのち柔き簑虫の裡飛爆音/中島斌男

若き日は手紙もいのち桜貝/中嶋秀子

今生のいのち惜しめり山桜/木村敏男

恩光やいのち久しき葡萄文/和田悟朗

俳句例:41句目~

胎動のいのち謐かに海に俯す/三谷昭

水洟や指をいのちの陶作り/中島寿銭

緑雨いまいのちの音か後円墳/松本旭

渡る鐘花惜むとはいのち惜む/安住敦

単色の沖にいのちの蜃気楼/対馬康子

緑蔭にいのちいたはる膝そろへ/林翔

いのち綱たらむと弥陀の糸桜/林昌華

句に燃やすいのち尊し星祭/川村紫陽

餅筵一隅に白しいのち祝ぐ/村越化石

うすれゆく墨のいのちや蕨山/上村占

水中花開く一瞬こそいのち/藤陵紫泡

桟やいのちをからむつたかづら/芭蕉

壮年のいのちみづいろ月の中/石寒太

神無言風花無言いのちの赤/平井照敏

海女潜きいのちの気泡音も無し/林翔

石山の石をいのちの蔦紅葉/野澤節子

凍蝶のいのちの翳の漂へる/鈴木榮子

蟻地獄飼ふもいのちの寂寥や/斎藤空華

蝶に似て粹をいのちの水商賣/筑紫磐井

蛇岩に垂れ水光は夏のいのち/飯田龍太

俳句例:61句目~

一すぢの糸にもいのち機始/下村ひろし

一対はいのちのはじめ貝割菜/高崎武義

一攫の蜆の暗きいのち買ふ/秋元不死男

蕗味噌の苦み尊しいのちなが/野池玉代

一獲の蜆の暗きいのち買ふ/秋元不死男

落鮎の流れのままのいのちかな/山信夫

万の稚ひとつのいのち雪解水/石川文子

烏瓜いのち蔓よりひきちぎる/辻田克巳

いのちあるものを曳く蟻爆心地/長田等

点す火にいのちを懸くる恋螢/三好潤子

炎天といのちの間にもの置かず/斎藤玄

菊咲けりいのち僅かに傾けて/松下金鹿

新米を諸手で掬ひいのちかな/今成千代

修羅を経て余りしいのち寒土用/角直指

炎ゆる間がいのち女と唐辛子/三橋鷹女

いのちなが寿とぞ踊るなり/八木林之助

いのちなき落花の水に屯せる/鈴木貞雄

涼風やいのち競へる波頭/鍵和田ゆう子

冬の蝶飛んでいのちの証見す/井上春子

花三分睡りていのち継ぐ母に/黒田杏子

俳句例:81句目~

冬川といのちの間の滾ちけり/齋藤愼爾

冬滝に対ひ刻々いのち減る/後藤比奈夫

いのちなり露草の瑠璃蓼の紅/石田波郷

岩焦けていのちを奪ふ砦かな/横光利一

芥子赤し金をもていのち購ふか/瀧春一

芋の葉の露のいのちの漂へり/佐川広治

いのちまた燃ゆる色なり初明り/神蔵器

凩や人のいのちの消ゆるとき/山口青邨

いのちゆらぐ水をになひて金売/井上子

いのちより翳りゆくなり秋の水/斎藤玄

いのち一つわが掌に寒玉子/高橋淡路女

いのち一つ寒の瞳の中にあり/野澤節子

いのち今日うなぎ肝たべ虔めり/籏こと

臍の緒はむかしのいのち鏡餅/鈴木太郎

いのち延ぶ万灯籠に火を加へ/大野林火

いのち思ひをり新涼の青畳/古賀まり子

汝がいのちとりとめし今宵初蛙/瀧春一

枯山に禽啖ひいのちあらはにす/齋藤玄

秋風やいのちうつろふ心電図/飯田蛇笏

いのち軽し常夏の海かく真青/山本歩禅

タイトルとURLをコピーしました