病みを使用した俳句

病みに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

病みを含む俳句例

青ぞら片目を病みて/橋本夢道

母病みて桜紅葉の遠き嶺/原裕

妻病みし曇日の子に蜆蝶/飴山實

一樹病み百も二百も雨蛙/穴井太

病み鴨を移す間の渋滞/大森十七

寒病みの火燵もほしや後の月/斜嶺

汗し病み馬肉煮る日の蹠/片山桃史

妻病みて目尻の乾く九月尽/穴井太

油蝉朝より水の病み始む/岡本高明

橙や病みて果せぬ旅一つ/石田波郷

夾竹桃戦後の病みな長し/石田波郷

病みて見るこの世美し露涼し/遷子

主病みたり漆黒の甘茶仏/小林昭子

哲人の相に人病み秋の暮/山田弘子

朝蛙夜蛙教師病みつづく/木村蕪城

病みて夫常より強き鉄線花/岡本眸

病みし鶴抱きし男通りけり/中島昴

老婆病み命を惜む田植季/相馬遷子

長病みの女の首や夏の萩/小林嘉子

鴬や春を病みける人の髯/小杉余子

俳句例:21句目~

病み漂う麻酔の一夜大雷雨/中島斌雄

病み臥せる視野に蝿虎けふも/安原葉

汗し病み黄天に背に撒水車/片山桃史

蠅叩一本持つて病みにけり/松藤夏山

病み痩せて帯の重さよ秋袷/杉田久女

八月を病みて鯨に会はざりき/林圭子

長病みの母云ふ骨も悴むと/渡辺恭子

母病みて夜毎を露や貝割菜/岡本庚子

鶴病みて梅散る頃や冴返る/正岡子規

馬追や母が病み居し裏座敷/佐藤国夫

土門拳病みても写す塔に雪/橋本榮治

周辺の黴や手病みし妻の髪/皆川白陀

花青木夫婦で病みて灯しがち/岡本眸

病みつつも更待月を枕辺に/村上白浪

病み坐る人や褞袍に顔嶮し/高浜虚子

病みし馬緑蔭深く曳きゆけり/澁谷道

嫁がずに病みて浴衣の胸うすき/昌治

寒昴病みてぞ正す仰臥の寝/駒木逸歩

七夕や男忘れて病み居たり/河野南畦

病みぬれば病とあそび籠枕/長谷川櫂

俳句例:41句目~

風鈴や父耳遠く病み給ふ/高田風人子

天牛や東京の月病みてをり/鈴木五鈴

父病みて火種のごとき唐辛子/上田操

椎の舎の主病みたり五月雨/子規句集

磯松に旅人病み居り冬の雁/野村泊月

病みて臥す子の枕辺に雪兎/薦田伸子

病み臥して観る体内の梅の花/斎藤玄

春二番三番友ら病みにけり/堀口星眠

晩蝉の雨のごとしよ父病みて/石嶌岳

書初の筆もおろさず病み籠る/寸七翁

万両や病み月の娘の薄化粧/高間礼子

白木槿碩学病みて我儘なり/高橋馬相

山茶花や病みつゝ思ふ金のこと/久女

鎌鼬われは静かに病み臥せる/石川桂郎

遠ざかるものに病みし日秋扇/皆吉爽雨

永病みのかくし涙を雛に見す/三好潤子

汗し病み春は襟章を目に愛す/片山桃史

身と心病みて脆きや室の花/加藤千枝子

汗し病み母よ黄天に風呂溢る/片山桃史

十夜会の癲癇病みに一さわぎ/河野静雲

俳句例:61句目~

蜜舐めて病み隠るるか桜桃忌/清水基吉

蜆汁病みても母を哭かすかに/小林康治

花菜漬通ひ妻また病みて来ず/石田波郷

埋火のごとく妻病み夜の雪/野見山朱鳥

芥子咲けば碧き空さへ病みぬべし/篠原

良妻か過労病み臥す木の芽どき/及川貞

舟に病みし身をうし窓の夕凉/松岡青蘿

夏菊や病み臥す若き貌ばかり/加畑吉男

脚を病みすっくと起てぬ花蓆/倍/憲一

馬病みにけり青岸渡寺をみる/阿部完市

外套重く不幸の末の足病みぬ/森川暁水

胸病みし父を偲べば籐寝椅子/今泉貞鳳

病みし蚕を見る電球を傾けて/今瀬剛一

病み果の凍手拭を遺しけり/千代田葛彦

あるじ我病みをり蚤にふえられて/林翔

楚秋亡く波郷は病みて秋の暮/加藤楸邨

病み臥すや梅雨の満月胸の上/結城昌治

奥利根の紅葉は早し病み還る/椎橋清翠

病み居れば婢妬さや更衣/阿部みどり女

妻も病み霜夜の足の寝て揃ふ/小林康治

俳句例:81句目~

美女病みて水族館の鱶に笑む/西東三鬼

病み臥して愛すにあまる冬薊/石川桂郎

美しき名を病みてをり花粉症/井上禄子

妻病みて旅つづくなり冬鴎/水原秋桜子

淋しさの一生病みつつ寒の雁/野澤節子

美しき五月の晴の日も病みて/日野草城

夕顔に病み臥す人と物語り/松本つや女

病み痩せて長き手足や走馬燈/石田波郷

妻病みて託す供養の針わづか/内山亜川

病みほほけて白湯のんでゐる/金井三郎

くひな笛ふく息ほそし老の病み/中勘助

母病みて一人にあまる根深汁/下田実花

空病みて川かなします花うつぎ/岡本眸

鶴引く日近し病み鶴落著かず/原三猿子

火恋し病みても父の酒欲りき/平賀扶人

秋雷や草の如くに人は病み/金箱戈止夫

餅春に小腹たてけりヒョウソ病み/史邦

小照の母へ病みをり秋立つ日/原田種茅

熱帯夜きのふ蛇みて妻病みし/斉藤夏風

食客の病みて秋立つ二階かな/尾崎紅葉

タイトルとURLをコピーしました