更く/更けを使用した俳句

更く/更けに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

更く/更けを含む俳句例

打々の寝心更けぬ落し水/蕪村

舷に汐騒更けぬ舟遊/島田青峰

更くる夜や油皿にも秋の声/馬光

月更けて桑に音ある蚕かな/召波

田の蛙畑の蛙夜は更けぬ/羅蘇山人

文鎮の梟の貌夜も更けた/高澤良一

夕五音更けて二音や鉦叩/吉野義子

賤が恋南瓜畑の月更けぬ/梅沢墨水

村々の寝心更けぬ落し水/与謝蕪村

山国の夜は更け易し踊唄/北川草魚

七夕の夜ぞ更けにけり几/飯田蛇笏

木枯や更け行く夜半の猫の耳/北枝

寒月や更けて物洗ふ台所/寺田寅彦

女湯の更けし桶音花疲れ/堤俳一佳

大空やひとり更け行く高灯籠/樗良

織殿の霜夜も更けぬ女声/黒柳召波

半月に元日の町更けにけり/高澤良一

厄払一人通りて夜は更けぬ/大島二宵

松園の絵雛更けゆく温め鮓/大島民郎

名月や杉に更けたる東大寺/夏目漱石

俳句例:21句目~

金星に一人対へば家並更け/高澤良一

赤更けし踊り場に大花瓶とは/中田剛

虫売に漸く更くる博多かな/清原枴童

春更けて諸鳥啼くや雲の上/前田普羅

更けし川越ゆる琴の音星まつり/昇子

相共に更くる親しさ盆の月/山口笙堂

はなやかに漸く更けし星祭/鈴木花蓑

秋の夜の琵琶に更けたる燈哉/断烟郎

溢れ蚊や隣に更くる百萬扁/寺田寅彦

沼尻のいつまで更くる裸かな/齋藤玄

更けし灯は竹馬の友か盆の村/中拓夫

更けゆくや雨降り変はる夜の雪/碧童

花更けてさて人形と人形師/星野石雀

大鉄瓶滾ちて更けぬ三の酉/橋本榮治

一中の夜は更けぬらし時鳥/尾崎紅葉

猫の恋老松町も更けにけり/日野草城

家々の籾すり歌や月更けぬ/数藤五城

更けてより雨滴間遠や十三夜/及川貞

寺詣りせし夜の更けて寒灸/大野信子

更けわたる草木の風に端居かな/草城

俳句例:41句目~

露更けて淀に落るや天の川/五車反古

瀬の音と全く離れ河鹿更け/高浜年尾

楽に更けて短き夜也公使館/夏目漱石

防雪林更け北見路の星は秋/石原舟月

仏法僧岩山更けて月のぞく/岡田日郎

更けて寧し礦夫長屋の油虫/小林康治

閻王に更けし灯や虎落笛/小原菁々子

旅情かも更けし湖上の流れ星/及川貞

水晶岳更けて月下に雲払ふ/岡田日郎

膝頭冷えて更けたり盆燈籠/富田木歩

夜や更くる枕に近し川千鳥/法眼紹巴

更けて焼く餅の匂や松の内/日野草城

十日町更けて露けき筵買ふ/小室善弘

あと一人来るに更けゝり年忘/中島月笠

残る蚊や更けて物書く老の耳/青木健作

銃眼に更けては狙ふ夏天の星/横山白虹

虫更けて心の素顔とり戻す/古賀まり子

虫も鳴き月も更けたり忌の内/上島鬼貫

更けし灯に来て大方は金亀子/福永耕二

月更けて恋の部に入る踊かな/内藤鳴雪

俳句例:61句目~

更けし灯に馬追来鳴く簗桟敷/斎藤道子

わかものの妻問更けぬ露の村/芝不器男

花更けて北斗の杓の俯伏せる/山口誓子

花の雨小夜も更けたる犬歩く/清原枴童

更けてより土用蜆の配られし/岩田昌寿

一塊の炭割り父の忌も更けし/菖蒲あや

中天に蛙鳴き更け父みとる/深見けん二

虫の宿並びて更けし灯を湖に/大橋宵火

五位の声まだらに更けぬ天の川/ぶん村

月更けて雲は次第に遠ざかり/野村泊月

自畫像の青きいびつの夜ぞ更けぬ/篠原

人顔に夜桜いたく更けにけり/石原舟月

俳諧の落穂拾いの夜は更けて/高澤良一

月更けて鶴が機織る遠こだま/渡辺恭子

兄の遺句整理に更けて玉子酒/湯浅典男

更けて来て宿を叩くや夏の月/井上井月

堅炭の尉の厚さよ更けにけむ/石塚友二

大雪となりけりかるたとり更くる/孤軒

夜の更くるほど大きなる蛍かな/ぶん村

白木蓮の更けて自在に遊ぶ花/手島靖一

俳句例:81句目~

更けゆきて踊浴衣の汐じめり/木田和美

咳やみて春宵さらに更くるのみ/上村占

谷底に更くる灯ひとつ送り盆/勝山耕南

燭更けて卓に晩夏の虫ぞ降る/石塚友二

名月や静かに更くる身のほとり/高橋梓

水郷のざわめき更くる船芝居/上田行正

五日まだ賀状整理に更くる妻/水島濤子

秋寒き天狗笑ひに坊更くる/上田五千石

辻更くるこぼれて青き聖樹屑/小池文子

ここに拠る魚に春更く珊瑚礁/宮津昭彦

小夜更けて髪を洗ひて彼岸入/中山純子

露更けぬテント四人の無言界/岡田貞峰

白粉の花小夜更くる籬かな/高橋淡路女

露更けし野にぼうぼうと昴星/相馬遷子

行水の名残に更くる灯かな/佐々木綾華

立職に更けし布団はわが母港/後藤綾子

雨空の更けて澄みけり月祭る/原田種茅

山風の更けて更けざる風の盆/山田弘子

除夜たぬし警笛とほく更くるとき/篠原

晩学の更くる夜ごとの火取虫/宮崎佳子

タイトルとURLをコピーしました