告ぐを使用した俳句

俳句例:101句目~

一木を断つと初冬の天に告ぐ/川島喜由

一葉浮て母に告げぬる蓮かな/山口素堂

一言で癌と告げられ躑躅燃ゆ/高澤良一

七夕竹浄土の父母に何告げむ/堀口星眠

春告ぐる名残の雪と思ひけり/稲畑汀子

妻告ぐる胎児は白桃程の重さ/有馬朗人

鳩時計母亡き春の朝を告ぐ/伊東ふじを

寒蘭の蜜腺の陽よ縁談告ぐ/加藤知世子

山寺の悲しさ告げよ野老掘り/松尾芭蕉

席かへて告ぐる病状火取虫/三田村智生

拡声器辛夷の花に告ぐべしや/和田悟朗

全身の雪をはたきて訃を告げし/井上雪

春の窓ふいて故郷に別れを告ぐ/大高翔

冬の月美しけれど人に告げず/石川文子

冬の虹誰に告ぐ間もなかりけり/林翠花

遠蛙父となる日を告げられし/須藤常央

春告げに来る風今か今かとも/高澤良一

月赤し人に告げえぬ受胎ゆゑ/川口重美

有線の声の吃りて火事を告ぐ/西浦一滴

秋風や丘のチャペルが昼告げて/内田芳子

俳句例:121句目~

四日はや母の余命を告げらるる/田島蔦子

お神渡り亀裂に遺す神の告げ/中畑みち恵

濃山吹父となりしを師にも告ぐ/藤田湘子

けふの日を告ぐる人なき更衣/大柄輝久江

誰に告げんこの裏山の少年記/高野ムツオ

さびしさを告げに綿虫胸につく/新明紫明

鶴来しと告げて少女の涙ぐむ/すずき波浪

訃音告ぐ子の名は穂高立夏経て/高澤良一

訃を告げる先は老人枇杷の花/古賀まり子

朴の花咲くと告げられ端坐せり/村越化石

だれに告ぐ仰向けの死者藪柑子/森田緑郎

炎天の墓に告ぐべきことのあり/渡辺桂子

西虚子忌無事に済みしを告げる墓/星野椿

蟇鳴いて醜男恋を詩にて告ぐ/加藤知世子

時効だと告げる運河に雪降れば/櫂未知子

なほ告げることあり朧夜を追ふ/江口喜一

夏座敷母になること妣に告げ/岡田サチコ

虫聞きに出る行先は告げずとも/和気祐孝

ひこばえや集合時間告げられて/高澤良一

蓑蟲や病夫に告げぬ一死あり/石田あき子

俳句例:141句目~

夏立つと誰に告ぐべく挿す白花/佐野美智

手術日を告げ涼風と医師去りぬ/中嶋秀子

秋来ぬと告げて去りけり風の母/目崎徳衛

客入りを告げる太鼓や夏座敷/小宮山青衣

夕顔の花を数へて誰に告げむ/加倉井秋を

病む人に笹子くること告ぐべきか/上村占

居ずまひを正し白鳥来しと告ぐ/有馬朗人

落第を告ぐる電話はかかつて来ず/樋笠文

本郷のさくらひらくと母に告げ/黒田杏子

禁煙を牛にも告げていわし雲/市村究一郎

エゾオヤマリンドウ秋を告ぐ峠/高澤良一

ガレに告ぐ一蚊溺るる水地球/阿部鬼九男

菩提子を拾うて来意まだ告げず/山根志邨

春霰やり直さうと告げられし/木村ゆきこ

春炬燵辞意告げてより春炬燵/川角としえ

寒晴れの隣家に来意告げゐたる/高澤良一

船長の怒鳴るごとくに海豹告ぐ/小林雪雄

無事に年越せしと告ぐる初電話/吉田きみ

枯野征く友は行方を告げぬなり/椎橋清翠

ランランと秋の夜告ぐる古時計/前田普羅

俳句例:161句目~

リラ匂ふ若き日の事妻に告げず/佐藤正治

林檎の柄勁し夜明けを告ぐる鐘/成田千空

春来ると告げつつ川の流れゆく/来住道子

春月を三日と告げたる母を愛す/金田咲子

些事大事あまさず告げぬ新社員/岩瀬善夫

春の虹誰にも告げぬうちに消ゆ/朝倉和江

娘へ父の受賞を告げる春の風邪/岡田史乃

粕汁や夫に告げざることの殖ゆ/大石悦子

入梅を告ぐオムレツの黄なる朝/山田弘子

再婚を告げられ涼しき顔つくる/谷口桂子

冬の雁告ぐべき言葉見つからず/西堀真爾

笹子来てをるよと告げむ人もがな/本井英

木枯は死の順番を告げて去る/福田甲子雄

笹子峠に春告ぐ雲のかかりたる/古屋富雄

癒え告ぐるごとく北窓開きけり/佐藤博美

初潮告ぐ麦藁帽をまぶかにし/平川三枝子

初秋を告げて湖水の瑠璃深し/今橋眞理子

初蝶の舞ふといふより告げ渡る/西村和子

水鳥の白ははの死を告げに行く/中島恭子

短日や母に告ぐべきこと迫る/中村草田男

俳句例:181句目~

別れなど告げてみたけれ月見草/清水径子

巡礼に今日の霽れ告ぐ暁の鵙/櫛田と志子

去年の鵯来たりて告げり山は雪/吉本和子

空蝉の人には告げぬ方途かな/沼尻巳津子

合格を告げて一人になりにゆく/田中清之

合歓夕べ人の死を告ぐ顔づたひ/成田千空

懐妊をさらりと告げる冬うらら/勢川直美

告げざれば一生の恋さねかずら/細野琉美

注連くぐり空の碧さを母に告ぐ/吉川与音

稲妻や巫女のお告げ聞きし夜に/寺島初巳

海の日の正午を告げる船の笛/伊藤いと子

旅人へ告ぐたんすにスルメの頭/安井浩司

盲人に花野の晴れしこと告げず/高井北杜

赴任地は異国と告げし子の年賀/山田弘子

晩涼や裏戸は閉さで置けと告げ/西山泊雲

逝きしこと告げに雪解の最上川/大類準一

妻にまた愛告ぐるならこの青野/小林正史

宙の木の鳥に名を告ぐ冬景色/宇多喜代子

春までの無沙汰を告げて墓囲ふ/宮田茂夫

母は死ねりと緑蔭に来て己に告ぐ/有働亨

タイトルとURLをコピーしました