大豆を使用した俳句

大豆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

大豆を含む俳句例

風北に変り豆引働きぬ/石井露月

塗畦の光るに大豆埋めてゆく/篠原

大豆ひき流離の宿の小慰み/中勘助

大豆をうつ声の中なる笑かた/其角

大豆扱ぐ昔も今も足踏機/後藤そえ

畦豆の葉に秋風や氷上郡/沢木欣一

畦豆に鼬の遊ぶ夕べかな/村上鬼城

豆引も足駄でおはす御僧哉/会津八一

汗の手に土や埃や大豆引く/松藤夏山

剥落の土塀の厚み春隣/大豆生田耕一

海女が打ち渚にしづむ新大豆/飴山實

大豆叩く音の深みへ溜まる鯉/澤悦子

豆引くや空しく青き峡の空/相馬遷子

霊棚の稲も大豆も色づきて/高野素十

渾身の力も老いし大豆引く/永富巨秋

畦豆を植うる女に畦長し/小方比呂志

新大豆青き白きに光あり/大根田蓼水

畦豆の泥やぶりたる貝割芽/西山泊雲

野むしろに頑丈な大豆昼鼾/土田武人

奥能登や打てばとびちる新大豆/飴山實

俳句例:21句目~

減反の田に逆立てゝ大豆乾す/内山夕月

畦豆に信濃の霧の凝りにけり/草間時彦

畦豆やふところ深き蚕飼村/小島千架子

畦豆を跨ぐゆくてに昼も臥す/下村槐太

不作田の畦豆もまた実らざる/村上三良

酔詩人そら豆摘む情こめる/殿村莵絲子

北へ但馬南へ摂津大豆干す/上野さち子

母よ豆摘み了へしかば二重腰/三橋鷹女

遠くまでとびゐる雨や豆落し/高野素十

毛見の人畦豆ほめて通りけり/村井/葉月

豆引くやうしろに伊藤整の海/鈴木しげを

はざ掛けにせし畦豆のはぜる頃/伊藤敬子

架け大豆乾びあすかの日にほふ/山木杏里

豆摘める襤褸の母を目にのこす/細川加賀

山畑に豆引くをとこゐて久し/稲垣きくの

大豆引く小さき賑ひありにけり/土屋いそみ

日の筵たたけば大豆をどりけり/田中千鶴子

豆引きの降りこめられぬ冬の雷/金尾梅の門

蚊遣火や大豆いくばく持たせかえす/古沢太穂

大豆打つ豆飛びあがり屋根までも/瀧澤伊代次

俳句例:41句目~

畦豆もうちかけてある稲架を見る/吉岡禅寺洞

海女経て嫗まるきたち居で大豆干す/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました