神棚を使用した俳句

神棚に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神棚を含む俳句例

神棚の灯は怠らじ蚕時/蕪村

鈴虫の音色一つを神棚に/原裕

馬追に夜の神棚氷店/高橋馬相

神棚に祀る鋸雁渡し/宮坂静生

神棚の下に一枚餅筵/森田君子

神棚は柱にくくる枯岬/古館曹人

厩神門の神棚祝ひけり/中村烏堂

神棚の飾は解かず鳥曇/古舘曹人

神棚の灯に古き暦かな/会津八一

神棚の一枚板や冬怒濤/増田陽一

神棚に神います灯や三ケ日/柿巷

神棚の前に車座粽結ふ/浅井陽子

陶工の家神棚に松の花/田川飛旅子

八雲先生の神棚古りぬ供へ餅/林翔

啓蟄の地卵供ふ三輪の神/棚山波朗

神棚に熊撃銃の弾丸二つ/綾部仁喜

神棚のぶだうに映る灯哉/寺田寅彦

神棚に霊芝古びぬ桂郎忌/井口光石

神棚も佛間も灯し松の内/村井杜子

神棚の前より敷きぬ餅筵/高浜虚子

俳句例:21句目~

煤掃酒庫の神棚忘れじな/西山泊雲

神棚の目隠し紙へ秋の風/松浦敬親

神棚にひと夜をおきぬ初暦/高田蝶衣

神棚に鏡がひとつ糸を引く/茨木和生

神棚の大雪沓や貌を持つ/加藤知世子

神棚に朝の灯あげて紅葉狩/鈴木花蓑

神棚の熊手煤けて神無月/相沢真知子

神棚に忘れしままの小豆粥/杉千代志

神棚に征露丸置き猟夫小屋/後藤青峙

神棚へまづ新米の一と握り/羽吹利夫

神棚へ運ぶ七種粥の湯気/有山八洲彦

神棚も仏壇もなく神の留守/山内遊糸

惜掲き神棚ゆらぐ大草屋/加藤知世子

神棚やつかね上げたる古暦/寺田寅彦

神棚を高く積み上げ年の市/佐藤博重

設計図に神棚の位置風光る/毛塚静枝

おでん屋の低き神棚煤けをり/牛島清治

屋久夏暁神棚に水献じゐし/大矢内生気

神棚に仏壇に燈を月の宿/阿部みどり女

神棚に護符いく重ね夏蚕飼ふ/皆吉爽雨

俳句例:41句目~

神棚の投げ込まれたる飾り焚/斉藤程子

神棚に注連ゆるぎなし新世帯/毛塚静枝

神棚の燈のふもとなる炬燵かな/原石鼎

神棚の習字に盆の夕日さす/福田甲子雄

歳いはふ灯を梁に吊る神棚に/長谷川素逝

炉の部屋に神棚ありて煤けたる/塩川雄三

神棚の早苗からびしまま病めり/木村蕪城

神棚に彩なき独楽や木地師宿/塩原佐和子

神棚に代へて初富士拝むなり/大須賀乙字

神棚の下は戸主の座夏炉燃ゆ/吉川ハマ子

神棚に貼りし白紙や夜の秋/吉武月二郎句集

早苗饗や神棚遠く灯ともりぬ/高浜虚子「六百五十句」

タイトルとURLをコピーしました