こめかみを使用した俳句

こめかみに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

こめかみを含む俳句例

隣人の顳憂しや秋刀食ふ/波郷

こめかみは鱗のなごり稲光/秋月玄

こめかみに未完の稿と雁渡し/原裕

鉛筆買ふ街の蝉声こめかみに/中拓夫

こめかみに残る疲れや霜の華/岸田稚

銀漢や指鉄砲をこめかみに/栗本洋子

こめかみに焚火の音す正月空/中拓夫

こめかみに走る静脈菜種梅雨/各務八生

こめかみの肯ひゐたる田螺和/大橋敦子

こめかみで耐える鵜篝五つの闇/稲葉直

こめかみに人形町の薄暑かな/有馬朗人

夏帽子こめかみ深く旅出づる/澤木欣一

こめかみにのこる銃音牡丹鍋/木田千女

こめかみに母の梅干渇きいる/本多春峰

壺焼を食ふこめかみに怒濤音/鈴木鷹夫

猪喰うこめかみに罅はしらせて/河合凱夫

十月やこめかみさやに秋刀食ふ/石田波郷

清水飲むこめかみの脈感じつつ/岡部玄治

こめかみにいま毒きたるかき氷/佐藤晏行

こめかみに力を入れて鷹を待つ/遠山陽子

俳句例:21句目~

こめかみに水鉄砲をあてがひて/後藤夜半

こめかみに花野を通りきし湿り/長谷川双

こめかみの老斑かなし北斎忌/黒田桜の園

ごまめ噛むこめかみ奥歯父にあり/熊谷愛子

なまこ噛む音こめかみに伝はりて/高澤良一

ピカソの皿こめかみの汗森で乾く/国村久栄

こめかみの汗に対ひて駅また過ぐ/原田種茅

こめかみに風ひびかふを秋思とも/藤田湘子

こめかみに風のあつまる梅もどき/篠崎圭介

夕杉山こめかみへ来る蜘蛛はらう/赤尾兜子

干杏噛みこめかみ痛む秀野の忌/殿村莵絲子

こめかみ痛むまで隣席の茸匂ふ/殿村莵絲子

筆始めこめかみ酔ひてきたりけり/小林康治

こめかみに音叉の余韻花の冷え/熊坂てつを

飯を噛むこめかみ汗をはじきけり/西島麥南

こめかみのさびしく動く遅ざくら/山上樹実雄

こめかみが寝つかれずをり青葉木菟/平川翠扇

こめかみは水のさびしさくちづけよ/鎌倉佐弓

こめかみを機関車くろく突きぬける/藤木清子

こめかみに音のしろがね梨食ぶる/赤松けい子

俳句例:41句目~

こめかみの辺りしゃきっと冬立てり/高澤良一

こめかみに楊枝の御加持の水垂るる/大石悦子

こめかみに柝のひびきけり初芝居/片山由美子

こめかみに鬱のあつまる曼珠沙華/鍵和田ゆう子

こめかみがじいんと鳴つて涼徹す/飛鳥田れい無公

焼米を噛むこめかみの動く人は淋しき/安斎櫻カイ子

風死してこめかみに来る日の方位/深谷雄大「白瞑」

タイトルとURLをコピーしました