一雨を使用した俳句

一雨に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一雨を含む俳句例

此頃や一雨一晴山笑ふ/青嵐

一雨や相場のかはる事納/嵐竹

さつと一雨/鎌倉の虹/筑紫磐井

一雨に流れ濁りて花野かな/成美

一雨のしめり渡らぬ薄かな/支考

一雨去り夏草の穂が力ぬく/蒼石

威銃又ひびく湖一雨去り/木村蕪城

一雨に花崩れたり北の丸/高澤良一

熊笹に一雨ありし山の色/高澤良一

蜜柑狩一雨あとの海蒼し/河野南畦

一雨のあと立ち直る桜かな/高澤良一

一雨のありたることも初嵐/鵜川易子

一雨に背骨賜るキャベツ苗/都筑智子

一雨を清めのごとく望の月/関森勝夫

比叡より一雨あるか実南天/高澤良一

雲下りきて一雨の月見草/藤田あけ烏

朝の虹消えて一ト雨半夏生/酒井黙禅

一と雨の過ぎし水引草の赤/高木晴子

花を敷き一雨ありしたかし庵/京極杞陽

一雨にのびるや鹿のふくろ角/正岡子規

俳句例:21句目~

一雨去り夕顔の闇濃くなれり/松村蒼石

柞葉を通す一雨をまた歩く/若林つる子

十薬のむっと一雨ありさうよ/高澤良一

姥百合に朝の一雨ありにけり/高澤良一

春めくや宵の一ト雨尻切れに/小杉余子

一と雨にしまりしみどり胡瓜苗/岸霜蔭

一と雨のありて山家の夜の秋/佐藤梧林

冬瓜か石か一と雨ごとに秋/宇佐美魚目

夜雲より一と雨こぼれ鉦叩/大沢ひろし

宵宮の一と雨霽れし花火かな/芝不器男

臥す妹に一と雨ねぎぬ軒葡萄/富田木歩

一と雨が来さう芍薬剪ることに/横田直子

一と雨で秋が決まりし蔵座敷/町田しげき

あけ方に一ト雨ありし初大師/亀井シゲコ

一と雨に鮎こと~く落ちゆけり/下村非文

盆すぎの一雨ごとの海くらむ/廣江八重櫻

一雨に土やはらかに豆を蒔く/三栖ひさゑ

一雨の間にいざよふて仕舞けり/内藤丈草

興ざめの一と雨なりし地蔵盆/波多野爽波

一雨経し春の土こそかなひけり/松村蒼石

俳句例:41句目~

新涼や一雨ありしにはたづみ/池内たけし

簗番の一と雨ほしきことこぼす/宮中千秋

も一と雨あてて藍苗植うことに/豊川湘風

妻の奇禍二十日を過ぎて一雨なし/右城暮石

地蔵会の一と雨過ぎぬ宵のうち/橋本春燈花

合歓の花一雨あるやらあらぬやら/高澤良一

一と雨を葉にうけにける牡丹かな/細見綾子

初の雷鳴るや一と雨一としきり/渋谷まさゑ

一ト雨にまた逃げられし簾かな/久保田万太郎

みちのくの天の倫理一雨ありて咲く梅桃さくら/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました