うたたね(転寝)を使用した俳句

うたたね(転寝)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

うたたね(転寝)を含む俳句例

転寝や繭に埋まる壁の中/古舘曹人

酒旨き国にうたたね青田風/小島健

うたたねや毛糸の玉は足もとに/篠原

文机にねむきうたたね春嵐/飯田蛇笏

遠郭公うたたねの耳開きけり/高澤良一

うたたねに月のさしこむ鼾哉/正岡子規

覗き見てうたたね顔の昼牡丹/高澤良一

雛芥子の真昼うたたね夢ノ介/高澤良一

転寝や庭樹透く日の秋なかば/飯田蛇笏

うたたねに風呂敷しくや秋袷/前田普羅

うたたねの覚めて夜長の水車/福田蓼汀

うたたねの貝に離騒や菊の花/黒柳召波

夏掛や転寝の孫のころがれる/瀧井孝作

うたたねや野に一本の曼珠沙華/島みえ

佛壇の前にうたたね蟲時雨/高田風人子

小春日のうたたね哀れ小傾城/会津八一

うたたねの妻に夕顔ひらきけり/小島健

うたたねにけむりのごとき夏の鶏/渋谷道

うたたねに炬燵蒲團の胸よりは来ず/篠原

うたたねのかりうど起し寝せにけり/夏山

俳句例:21句目~

うたたねのわれも浮きたし浮氷/永島靖子

うたたねの日傘のはじに銀の凪/鬼野海渡

うたたねの枕に春の風が吹き/今井杏太郎

うたたねの母は霞を見しならむ/齋藤愼爾

夢も見る汽車のうたたね秋の雨/皆吉爽雨

うたたねをこかし入れけり蚊屋の内/車来

沙河をこえゆくうたたねの膝に梨/渋谷道

短夜の我を見とる人うたたねす/正岡子規

花茣蓙の花蕊の中にうたたねす/恒川絢子

青潮ようたたねの妻洗いざらす/伊藤淳子

うたたねはさめて背筋の寒さ哉/正岡子規

春霞富士はうたたね決め込めり/高澤良一

うたたねに見し夢思へり紙はしる/森川暁水

うたたねの夢美しやおきごたつ/久保より江

うたたねの膝とろとろと水温む/秋元不死男

星合のうたたねふかくなりにけり/古舘曹人

うたたねをわが許されて蜜柑咲く/中村汀女

田蛙聞きうたたね心地畑毛の温泉/高澤良一

ががんぼやうたたねのゆめ淡かりき/森澄雄

うたたねの猫の鼻先ごきかぶり/藤井寿江子

俳句例:41句目~

うたたねに醒めて冴えざえ今年の灯/永井龍男

うたたねのはじめに蝌蚪の紐のいろ/鴇田智哉

うたたねのホトケドジョウの髯立派/高澤良一

うたたねを覚めしが秋になつてゐし/今瀬剛一

うたたねの覚めぎはに聞くほととぎす/田中英子

うたたねのあともさくらのひるだつた/伊丹三樹彦

うたたねの泪大事に茄子の花/飯島晴子「春の蔵」

うたたねの暮るるともなし蝉の声/太祇「太祇句稿」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました