葉書を使用した俳句

葉書に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

葉書を含む俳句例

麦秋や葉書一枚野を流る/誓子

無事でいた葉書一枚/加賀谷灰人

鴬に父の葉書の荒さかな/永田耕衣

秋風の柱に凭れ読む葉書/西村和子

一枚の葉書運ばれ枯野の家/桂信子

礼帳や埃及よりの葉書など/松瀬青々

鰯雲読みし葉書は手に白し/木村蕪城

針金を巻いて昼顔手に葉書/川崎展宏

遺書となる葉書一枚敗戦日/森田和子

洗ひたる蕪の上の葉書かな/西川章夫

懐に葉書を買つて梅咲く町/遠藤梧逸

祖父宛の茂吉の葉書赤光忌/山下/功

松過ぎの葉書一枚読む日暮/廣瀬直人

侘助や褪せし葉書の男文字/谷口桂子

既に昼団扇の上に葉書載り/木村蕪城

さかさまに葉書かきゐて秋夕/室生犀星

一通の茅舎の葉書黴を拭く/小原菁々子

一枚の時雨に濡れて来し葉書/瀬川春暁

一枚の虚子の葉書に忌を修す/小路紫峡

亡き父にとゞく葉書や西行忌/寺山修司

俳句例:21句目~

出代の国に著きたる葉書かな/相島虚吼

寄せ書の葉書の上を柳絮飛ぶ/高浜虚子

師より来し葉書一枚露の宿/成瀬正とし

息あらく葉書も焼かん冬仕度/対馬康子

海の青滲む葉書に数行余り/林田紀音夫

葉書にも続きのありぬ雁来紅/石川文子

葉書一枚颱風を来し細字がき/川崎展宏

胸の上に仕事はじめの葉書束/石田波郷

十薬の白さこの世の捨て葉書/鍵和田釉子

一枚の葉書炎暑を逃げきたる/小泉八重子

ピアニストからの葉書や額の花/仙田洋子

暑中見舞と太字四字の子の葉書/志摩知子

葉書ぬりつぶしたる光椿うらら/喜谷六花

新婚の雪がにじみし葉書つく/永田耕一郎

あるが中の兄の葉書も梅雨さなか/原石鼎

台風圏飛ばさぬ葉書飛ばさぬ帽/磯貝碧蹄館

春銀座また出し忘れたる葉書ここ/永井龍男

船乗りになったと葉書岬の教員室/伊丹公子

葉書押印機秋夜明日まで音蔵ふ/磯貝碧蹄館

みちのくより葉書一枚/風花す/佐々木栄子

俳句例:41句目~

野分に身起こし葉書五円を憤る/冨永寒四郎

バレンタインデーを違へず来し葉書/行方克巳

しやぼん玉割れて葉書を濡らしけり/奥坂まや

灯火親し葉書あるだけ書いてしまふ/加藤三七子

別れようとし三人で書く一枚の葉書/栗林一石路

松蝉や葉書/破瓜/墓/馬鹿/破壊/田川飛旅子

葉書来てから暮るるばかりの家となり/栗林一石路

また村がもめているという葉書が雪にぬれてきた/栗林一石路

桜川水の遅速を映しけり「御」を消して出す返信葉書/島田幸典

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました