木曾路を使用した俳句

木曾路に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

木曾路を含む俳句例

時鳥鳴くや木曽路の初桜/素山

木曽路ゆくわれも旅人散る木の葉

木曽路行ていざ年よらん秋孤/蕪村

うらやまし君が木曾路の橡の粥/路通

朴若葉木曽路の駅は風の中/荒川優子

苧環や木曽路は水の音の中/蟇目良雨

小鳥引く木曾路は細き人の道/大串章

猿引の木曽路を下る霞かな/正岡子規

あふみ路と木曾路の境春の山/松村蒼石

夏燕あな高翔くる木曾路かな/西本一都

谷川に小鍋の氷る木曾路かな/藤野古白

木曽路にも鉄道かけたか時鳥/正岡子規

芭蕉忌や木曾路の痩も此のためぞ/几董

鳳仙花はぜる木曽路の細格子/上田千登子

鹿笛はどこか暗しや木曾路また/成瀬正俊

これより木曽路真うしろから天狗/遠藤煌

はせを忌や木曾路の痩も此のためぞ/几董

万緑や木曾路はすべて山の中/今井杏太郎

世の土用知らぬ木曽路の行脚哉/正岡子規

凍てもどり木曽路は夜へ渓響き/福田蓼汀

俳句例:21句目~

子規祀る心木曽路にはじまりて/成瀬正俊

新蕎麦や木曽路へ抜ける峠茶屋/吉田幾代

昨日しぐれ今日又しぐれ行く木曾路/漱石

木偶えらぶ軒や梅咲く木曾路口/桂樟蹊子

世の土用知らぬ行脚の木曽路哉/正岡子規

木曽路ゆく我も旅人散る木の葉/臼田亞浪

木曽路行ていざとしよらん秋ひとり/蕪村

木曾路ゆく我も旅人散る木の葉/臼田亜浪

帚木や木曾路の椀を買ふことも/小池文子

白雪の下に灯ともす木曾路かな/正岡子規

稗の穂や昔を今に木曽路古り/鈴鹿野風呂

菊芋に日照雨の走る木曽路かな/大脇徳恵

木曾路行きていざとしよらん秋ひとり/蕪村

端居せる家のここより木曾路なる/木村蕪城

ぽつ~とひらふ木曾路の野菊かな/松藤夏山

桑の実の木曽路出づれば穂麦かな/正岡子規

麦うずら木曽路もここはただの谷/鳥越亜希

はせを忌や木曽路の痩も此ためぞ/高井几董

道しるべして木曽路とや花木槿/濱坂みち子

風の樹々見せて木曽路や夏座敷/米住小丘子

俳句例:41句目~

汽車ゆけば美濃路木曽路と踊の夜/大島民郎

片蔭の宿へ入り来し木曽路かな/松本たかし

ありきながら桑の実くらふ木曾路哉/正岡子規

いすか来る木曽路は雲の湧きやすく/大島隆三

丸太積みあげて木曾路の冬はじめ/永田トシ子

草鞋はいて木曾路の露につまづくな/正岡子規

螻蛄鳴いて木曽路の暮色地より涌く/原与志樹

子へいそぐ木曾路の稲架の照りかへし/加藤秋邨

なつ木立いとゞ木曾路の空せまし/蝶夢「水薦苅」

タイトルとURLをコピーしました