宿坊を使用した俳句

宿坊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

宿坊を含む俳句例

宿坊や庭一杯の枝垂梅/松藤夏山

宿坊の厨に届く凍豆腐/細川螢火

大宿坊大蔵王堂冬の山/高野素十

宿坊へ案内の僧や冬の月/野村泊月

宿坊に菊戴のきそめけり/伊藤敬子

宿坊に酒が匂ふよかきつばた/盤水

宿坊も大本山も冬木中/赤堀五百里

本人にとほき宿坊新豆腐/皆吉爽雨

大釜で炊く宿坊の七日粥/山崎羅春

宿坊に女湯のあり百日紅/西村和子

踏み応へなき宿坊の黴畳/松尾緑富

宿坊の二階がきしむ洗鯉/鈴木鷹夫

とろろ汁宿坊の階棒立ちに/有馬籌子

仏法僧人は宿坊の戸を閉さず/瀧春一

宿坊に百の子の靴蝉しぐれ/田中恵子

宿坊に膝抱いて聴く仏法僧/中澤一郎

宿坊のあさひぐらしに朝鏡/木村蕪城

宿坊の手斧の梁の淑気かな/足立和信

宿坊の深き廂や芋茎干す/塚田かをる

宿坊の下駄の感触木葉木莵/新家保子

俳句例:21句目~

宿坊の大きな門の秋めきし/赤木範子

宿坊の一つ炉囲み相識らず/小林樹巴

宿坊の大釜かこむ七日粥/山中千代子

宿坊の廊下軋むや春の宵/内田八重子

鐘谺宿坊の冷えきたるかな/清水基吉

喜雨を得て宿坊もそと動きけり/志波恵

団子二串雨月となりし宿坊に/野澤節子

宿坊に急ぐ卯の花月夜かな/大久保白村

宿坊に高野豆腐の由来きく/中野つぎの

宿坊の明け方さむき切籠かな/小川玉泉

宿坊の開けはなたれし夕牡丹/関野寿子

宿坊や楡の木の間に高嶺月/鈴鹿野風呂

広過ぎる宿坊にゐる夜長かな/松延和子

新聞と牛乳が届きて避暑の宿/坊城中子

餅花に宿坊の炉のけむり絶ゆ/飯田蛇笏

宿坊のあさき睡りや梅雨夜鷹/下村ひろし

少年苦もなく宿坊磨き初桜/鍵和田ゆう子

ががんぼや宿坊の夜は更けやすし/村重香霞

タイトルとURLをコピーしました