夜咄/夜話を使用した俳句

夜咄/夜話に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夜咄/夜話を含む俳句例

夜咄や詞残りて夏の月/立独

夜話の妙勘堀は芋の秋/田中冬二

夜咄の牡蠣の雑炊秀衡椀/及川貞

夜咄やまた取出す唐津物/高橋睦郎

夜咄の濃き影に添ふ淡き影/源鬼彦

夜咄や関守石に灯が及ぶ/永井龍男

夜咄しや氷上を星移りつつ/岡本眸

夜咄や浦の笘屋の秋近き/正岡子規

夜咄や上は使はぬ蚕部屋/井上弘美

夜咄に榾の切口泡吹けり/渡部節郎

目のひかる夜咄ずきや冬の月/許六

手送りに甘酒渡る夜咄会/昆ふさ子

夜咄の夫呼び戻す砧かな/藤野古白

夜咄の翁の一人ことし欠け/大石悦子

夜咄は悪ろが滅ぶと了りけり/角光雄

夜咄やササ戸越し月明りらし/及川貞

夜話に伊那の親しき塗障子/有馬籌子

夏の夕虫の語らふ繁々夜話/高澤良一

夜咄や月はも松を離れたり/石川玲子

松過や机の上の甲子夜話/鈴木しげを

俳句例:21句目~

枕上ミの妻と夜咄してゐたり/森澄雄

夜咄の戊辰に及び祖母熱す/佐藤俊子

借覧す甲子夜話あり榾の宿/松本たかし

塩舐めて夜咄のなほ続きけり/大石悦子

夜咄に三日の酒のはてしなし/石田波郷

夜咄に今日貰ひたる柿加はり/村越化石

夜咄に重慶爆撃寝るとする/鈴木六林男

夜話の人こそ知らぬ垂氷かな/石井露月

夜咄の河童に家族なかりけり/岡崎桂子

夜話の小諸に邃くきりもなし/古舘曹人

夜話の露が下りたる納涼かな/尾崎紅葉

夜話や雪の足跡よりはじまり/村越化石

夜咄は重慶爆撃寝るとする/鈴木六林男

顔見世の祇園夜話古りにけり/中井大夢

夜咄の茶事果て月に散じけり/鈴木貞雄

燭足して雛の夜話かぎりなし/河野南畦

夜咄の灯あかり軒の雪あかり/古賀まり子

夜話や猫がねずみを喰はへゆく/瀧井孝作

夜話遂に句会となりぬリラの花/高濱虚子

寺の炉の夜話に避寒の客のあり/喜谷六花

俳句例:41句目~

明るい夜話青い山黒い山逃げた/金子皆子

昔の夜のごと夜咄の炉をかこむ/佐野美智

松過ぎの夜咄の炎の影短か/長谷川久々子

男寄れば夜咄となる飛花落花/友永佳津朗

蓬摘まんかと夜話のそれつきり/今瀬剛一

大鍋に湯気立てて夜話始まりぬ/原子公平

夜話つひに句会となりぬリラの花/高濱虚子

夜咄のいつしか雪となりにけり/日下部宵三

この腸に酒ある夜話のくだちつつ/河東碧梧桐

夜咄の茶事してみたき囲炉裡かな/大森扶起子

オーバーぬがず新宿夜話を語り去り/成瀬正とし

夜咄のあいそにちよいと蚊やり哉/一茶/文化十三年丙子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました