休日を使用した俳句

休日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

休日を含む俳句例

脛白き休日の父地蔵盆/岡本眸

深曇りせる休日の柿をもぐ/原裕

煙突の休日ならむ稲の花/森賀まり

休日の学校に来て橇遊び/太田土男

休日の学校に来る春の鵙/高澤良一

休日の河岸を自在に夏燕/林八州生

休日の家事丁寧に柿の花/緑川啓子

休日の塵用暑き雨衡きて/石塚友二

休日のところどころが枯蓮/森野稔

休日や甘え啼きして春の鵙/樋笠文

休日の早き夕餉の筍煮て/鈴木榮子

休日の母娘でつくる桜餅/野畑節子

休日の増えし男の年用意/玉澤淑子

休日の夫の空間籐寝椅子/影いづみ

休日の官庁橡の実が裂ける/出井一雨

休日の荒波に遠く来て帰る/渡辺白泉

休日をとざす冷雨の松黒し/大井雅人

休日の蕗煮る厨わが愛す/福永みち子

休日は老後に似たり砂糖水/草間時彦

休日のまひる生爪に栗をむく/中拓夫

俳句例:21句目~

橋架けの工事休日春の鴨/服部たか子

水仙や一日ガウン着て休日/鈴木栄子

休日の入日は速し花すもゝ/赤塚西畔

はわはわとクレーン休日の鴎は/毛呂篤

休日の海のひろがり籐寝椅子/赤尾恵以

休日の家族藺草のスリッパで/棚橋澄子

天皇誕生日休日となりにけり/金子兜太

休日や地を癒やすごと雪積り/川村紫陽

休日の朝から雨や葱坊主/ひびのせつこ

無理矢理の休日となり若牛蒡/中井洋子

休日の学校に咲くフジバカマ/金田咲子

賀状書き休日の陽を使い果す/山本京子

看護婦の休日紫苑高く咲け/杉山あけみ

着脹れて休日あっけなく終る/伊藤柳香

いつしかにただの休日子供の日/黒川悦子

ごきぶりと妻に休日なかりけり/小原紫光

休日のよく降ることよ花の雨/田畑三千女

休日のシャッター灼ける問屋街/西村和江

偸むごとし老人の日の休日は/八木林之助

卯月休日香典返しとどきけり/鈴木真砂女

俳句例:41句目~

愉むごとし老人の日の休日は/八木林之助

休日は眠るむらさき式部の実/津高里永子

秋の踏切越す休日の白きシャツ/古沢太穂

蕎麦掻とホットドッグの休日か/妹尾題弘

女と来て休日の校庭戦うものなし/和田悟朗

枯蔓ひく休日の崖覚まさむと/鍵和田ゆう子

港公園の休日黒正装の手品師跳ね/伊丹公子

レモン厚切り春の休日優雅にす/鈴木真砂女

燕来る休日ジャムを煮てすごし/鈴木真砂女

休日をポインセチアの緋と暮るる/遠藤恵美子

メイドの休日母国語同志のティータイム/伊丹公子

ただ海のかはらぬ貌をたしかめに休日を雨の港へと寄る/辰巳泰子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました