運河を使用した俳句

運河に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

運河を含む俳句例

雪柳古き運河に水通す/堤妙子

裁判や冬の運河に花流れ/島津亮

蘗の屋上園祠運河見ゆ/宮武寒々

年終る運河の夕日肉色に/三谷昭

兵庫運河兵庫大仏鳥曇/大高弘子

旅人に運河波立ち降る霙/有働亨

河口にて運河は終る鰯雲/佐藤鬼房

三伏の運河臭ふや職変る/皆川白陀

草摘に光り輝く運河かな/川端茅舎

秋霖の運河櫛比の窓映す/山口青邨

秋暑き運河に落とす犬の貌/石寒太

浪尖る小樽運河や秋日影/坂川/巌

手摺なき運河の柵や春の潮/上野泰

橋に零れ運河に零れ桐の花/日原傳

利根運河燕一直線に飛ぶ/岩崎照子

鳥雲に湾岸道路運河越ゆ/上島顕司

鳥渡る小樽運河の石の倉/有村節香

運河悲し鉄道草の花盛り/川端茅舎

炎昼の運河の筏動かざる/阿部寿雄

夾竹桃運河一本鉄のごと/永方裕子

俳句例:21句目~

芽柳や鰡の影差す運河べり/角田太一

夜の黄葉運河に並ぶ娼婦館/棚山波朗

昼寝覚腹に溜つてゐる運河/杉野一博

八月や艀ふたげる癈運河/八木林之介

春の雷漁邑の運河潮さしぬ/西島麦南

黒い運河の艀密着して眠る/赤松太郎

麦芽ばえ寒の水舟運河ゆく/西島麦南

小樽初夏大道芸も運河べり/小倉英男

花真菰汽船通はぬ利根運河/上田夜唱

船倉の葡萄は熟睡して運河/塩見恵介

鴎とび雪解濁りの運河かな/高濱年尾

身に入むや運河に流す厨水/石川文子

盆浴衣運河の夜風鉄くさし/石田波郷

古き町運河に沿へり夾竹桃/水野爽径

カンツォーネ運河に響き秋麗/森田文

鰡跳ねて潮の道ある旧運河/道川虹洋

高西風の蒼き運河に鴎翔く/細田寿郎

廃運河何に波立つ雪の中/水原秋櫻子

壜の尻浮く憲法の日の運河/出井一雨

露地裏の暗き運河ぞ雁渡し/高橋北斗

俳句例:41句目~

雲流れ運河は秋の水湛へ/池内友次郎

萍の一夜に運河塞ぐなり/葛山たけし

鐘響く運河の街の五月かな/平野無石

風花に運河は青く廃れゆく/木村蕪城

運河温み大地に薊復活す/神尾久美子

七夕の運河汲みては船洗ふ/小林康治

夾竹桃さき運河ゆく蔬菜舟/西島麦南

狐火や二つに岐れ一運河/加倉井秋を

漂へる手袋のある運河かな/高野素十

運河濃く冬菜の青のただ一条/三谷昭

運河より雨の匂ひや桜桃忌/見永千恵子

運河冬水垢にほひ飢ゑ湧き来/細見綾子

かげろふや運河へひらく家の門/日原傳

きりきりと運河満船受験の刻/寺田京子

運河暮れゆき蝙蝠の空となる/清水攝郎

運河老ゆ海月は群れて乳色に/中村明子

銀やんま運河の黒き水を打つ/佐藤至朗

鑑真の船出の運河柳絮とぶ/目貫るり子

はたはたや夕は船のなき運河/福田蓼汀

長春花運河の瞑さ解きほぐす/沼田布美

俳句例:61句目~

隋の世の運河流れてゐる遅日/田中由子

雪の運河艀火を焚く氷るため/小林康治

霞みても紺青コリントス運河/石原八束

食器洗う白き運河に卯波立つ/綾野南志

七月の運河見てゐる傘を垂れ/大屋達治

三月十日運河に赫い毬ひとつ/酒井雪子

高速路良夜の運河わたりけり/大島民郎

五月来る運河にギター沈みゐて/皆吉司

麻打ち洗う運河暗緑の旅なり/金子皆子

冬運河雲の屍がふたつほど/本庄登志彦

出鉄を見し眼冬日の運河越ゆ/桜井博道

初天神黒き運河を越えて来ぬ/村山古郷

夜業果て運河にそそぐ水細る/宮武寒々

定めなき運河の日紋夏は行く/細見綾子

寒念仏運河の橋を渡りけり/成田智世子

小樽運河庇に並ぶ大氷柱/小木曽フジヱ

少女らに異なる未来運河の灯/寺井文子

少女らに運河の桜濡れどおし/井上純郎

少年泳ぎ赤子が笑う運河の家/伊丹公子

春場所の太鼓に運河光るなり/渡辺亀齢

俳句例:81句目~

時の日の笛歇む運河鳩飛べり/宮武寒々

晩涼や運河の波のややあらく/中村汀女

暗車の朱うかべて運河神無月/宮武寒々

月明く焦土の運河潮満ちたり/内藤吐天

柳散る運河の奥ヘタグボート/大島民郎

橋のせて黒き運河の街冬に/深見けん二

歳晩の運河身軽きかもめ来て/高井北杜

臘梅や運河を渡る友二の葬/鳥居美智子

獅子舞の胸紅く運河渡るなり/石田波郷

秋意ふと運河の水の匂ふとき/下鉢清子

秋暑し小名木運河のもやひ杭/福島壺春

筏漕ぐ佐太の運河や鰡飛べり/川上忠良

緑蔭に椅子あり小樽運河あり/鈴木鷹夫

船この日運河に入るや雲の峰/夏目漱石

芙蓉枯れ朝の書斎に運河の日/木村蕪城

芝枯れて運河は青し朝のお茶/片山桃史

葭切や貯木運河のうす濁り/鈴木三四郎

葭切や運河さびしく突き出せり/原田喬

赤潮の運河をのぼる速さかな/大山春江

小樽運河ガス燈黄なる雨月かな/細井みち

タイトルとURLをコピーしました