髪膚を使用した俳句

髪膚に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

髪膚を含む俳句例

蛙聞く微熱の髪膚夜気に触れ/茅舎

ぢかに触る髪膚儚し天の川/三橋敏雄

焼けながら身体髪膚こそ砦/呉/艸一

深々と初湯の髪膚毀傷なき/水原春郎

初夢に髪膚の湯の香つづかしむ/正江

水音の髪膚に響く川床涼み/西村和子

母の日や身体髪膚傷だらけ/村上妙子

寒星の光髪膚にほとばしる/内藤吐天

少年の髪膚のゆくへ蝉の穴/齋藤愼爾

夏近し髪膚の寝汗拭ひ得ず/石橋秀野

曼珠沙華身体髪膚仮のもの/佐藤鬼房

黄葉どき髪膚完爾と硫黄泉/高澤良一

置水は減りつつ秋の髪膚かな/池田澄子

むし暑き日の太宰忌の髪膚かな/岸田稚

八月を撫でて身体髪膚かな/中尾寿美子

柿の朱ケ身に沁む髪膚衰ふに/佐野美智

深吉野や髪膚にうけて花一片/角川照子

夏ちかし髪膚の寝汗拭ひ得ず/石橋秀野

干すとなく乾く髪膚を紅葉山/池田澄子

夏蝶に髪膚ゆだね薊煎る/竹下しづの女

俳句例:21句目~

女の髪膚怖ろし滝に艶うせて/原コウ子

職危し髪膚しづかに黴てけり/小林康治

身体髪膚うすく戻りぬ草の花/松山足羽

露草の紺に覚めたる髪膚かな/永方裕子

青海に濡れ来し髪膚籐寝椅子/中島斌男

虚子拝む髪膚硬ばる丁字の香/殿村莵絲子

潮じめりして晩涼の髪膚かな/深見けん二

炉火を吹く身体髪膚うち倒し/野見山朱鳥

疲れたる髪膚に寒波来りけり/徳永山冬子

冷汁によみがへりたる髪膚かな/清原枴童

一夜病み髪膚たちまち黴にけり/小林康治

初湯出ておのれ身体髪膚照る/佐々木有風

夏没日濡れし髪膚のよるべなく/内藤吐天

酒が励ます髪膚静かに緑見る/田川飛旅子

新米や愛しむ髪膚父母在らず/河野多希女

春の闇髪膚あらあらしく洗う/宇多喜代子

颱風に髪膚曝して母退勤来/竹下しづの女

鰭酒の髪膚のほてりさめざるよ/篠田重好

ダイヤモンドダストの中の髪膚かな/渡辺昭

虫の音のひりゝと触れし髪膚かな/川端茅舎

俳句例:41句目~

螢火にまみれし髪膚しめりをり/北見さとる

実梅落ちいちにちさむき髪膚かな/古沢太穂

寒の水ありありと身体髪膚かな/山田みづえ

二人静をんなの髪膚ゆるみくる/河野多希女

たちまちに梅雨走り来し髪膚かな/草間時彦

暖房車に髪膚饐えつゝ旅果てず/竹下しづの女

身体髪膚これを借り受け火事たりき/加藤郁乎

冷まじきものが髪膚に著きそめし/相生垣瓜人

わが子寝て日焼の髪膚夜もほてる/秋元不死男

不死男忌の雷火まみれの髪膚なり/越高飛騨男

身体髪膚傷つけ年くる壮年といへどみづからの影ひきて坐す/高嶋健一

タイトルとURLをコピーしました