見入るを使用した俳句

見入るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

見入るを含む俳句例

今朝秋や見入る鏡に親の顔/鬼城

見入ゆかし軒の花柚子友上戸/調音

薊摘んで花の巧を眼に見入る/篠原

秒針に見入る病者に夜の霧/成田千空

蓼科の初雪見入る父なりき/久米正雄

何に見入る男の周り鶯菜/松本まさ子

玄冬の鮪に見入る背広かな/攝津幸彦

木道に膝つき見入る蜷の道/川崎慶子

妻に影重ねて見入る寒牡丹/鈴木木鳥

野鳥図鑑見入る子の瞳よ冬麗/上窪則子

鬼城忌や浅間に見入る倚り柱/山同古峡

蟻地獄見入る少女の鎖骨美し/熊谷愛子

膝に手をあてて見入つて秋の鮒/小澤實

摘出癌見入る家族の余寒かな/秋葉舟生

雪を見る鏡に見入る顔をして/市川勇人

何為せしおのれか崩れ簗見入る/下村槐太

夏帽の茂吉地に坐し見入る河/文挟夫佐恵

大熊手手締めに見入る異国人/加賀さとし

机見入れば木目波立つ夜寒の灯/富田木歩

泰山木開くに見入る仏像ほし/加藤知世子

俳句例:21句目~

固唾のみ見入る俎はじめかな/細井新三郎

淫祠に見入る少年虫の顔をして/中村苑子

秋の樹に見入るあなたは秋の人/池田澄子

海見入る人のうしろの小雀ら/星川木葛子

がしと雪踏みしめ見入る水芭蕉/高澤良一

自像見入る時淋しみや宵の春/中塚一碧樓

涅槃の日仏典アニメに見入る子等/大西敦子

妻見入るをだまきに雨さかんなり/大野林火

国栖の地図ひろげ見入り神無月/渡部伸一郎

ぬかるみに来て恋猫に見入らるる/太田鴻村

花石蕗に見入る眼惜め戸たつる婢/野村泊月

しん~と降る雪に見入りわがさだめ/原石鼎

虹の根の愁訴ひとつの壺見入る/河野多希女

深々と礼をするかに薔薇見入る/上田日差子

見守るや月に見入れる病者の眼/徳永山冬子

炎天を来て地獄絵に見入るなり/佐藤美恵子

小春日や並べて見入る京の菓子/直江藤三郎

瞳を据ゑて風せん虫を見入る吾子/水谷夢円人

わが咳にくづるる薔薇と見入りけり/臼田亞浪

こもり居のいくたび見入る梅雨水輪/吉野義子

俳句例:41句目~

いつ逢へるともなく見入る賀状かな/河原白朝

タイトルとURLをコピーしました