坂下を使用した俳句

坂下に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

坂下を含む俳句例

花冷や神官走る坂下門/妹尾健

草刈女草の重さで坂下る/築城京

坂下に空一群の冬の暮/対馬康子

繕へる垣より出でて男坂/下村槐太

本門寺坂下に詰むお万灯/高澤良一

一葉忌冬ざれの坂下りけり/安住敦

坂下の医院の午前鳥総松/野澤節子

二月には甘納豆と坂下る/坪内稔典

坂下の屋根みな低き落葉かな/犀星

坂下る方へ犇めき春の星/小原啄葉

坂下は掃除町かな一葉忌/野村喜舟

鵙の声風に押されて坂下る/原田種茅

春袷坂下り来れば小坪村/永井東門居

坂下りる前方はみな春の星/中西舗土

木枯や坂の下まで小買物/大場白水郎

夏燕祇園坂下灯れども/長谷川かな女

万歳の袴がくがく坂下る/殿村菟絲子

妻と娘の日傘並んで坂下る/谷川昌弘

春立や坂下見ゆる垣のひま/室生犀星

初電車とんとんと坂下りけり/岸田稚

俳句例:21句目~

月の下極楽寺坂下り海へ/大場白水郎

秋冷の坂下りきたる蹄音/近藤きくえ

虫売の灯を坂下に夜雨くる/伊藤京子

坂下に老苗売のともす今宵/近藤一鴻

おしろいの黄花紅花坂下る/柴田美代子

をんな坂下りはじめの悴みぬ/渡辺恭子

受験生呼びあひて坂下りゆく/廣瀬直人

坂下の屋根明けてゆくどんどかな/犀星

弘法寺の坂下り来れば鶏合せ/高野素十

月の出やまだ坂下は眞のやみ/正岡子規

坂下をつづいて通る初荷かな/野村喜舟

昔東海道鈴鹿坂下時雨かな/松根東洋城

坂下る杖にも秋意おのづから/村越化石

老いの坂下りは早し年暮るる/畔津とみ

坂下りて行けば展けて東風の浜/星野椿

坂下りて喪の家に入る秋の暮/草間時彦

葬り果てゝ秋ぞら深き坂下る/中島斌雄

坂下りてみな裸木の街に住む/辻美奈子

城址去る栴檀の実の坂下りて/星野立子

三寒や坂の下より葱の立つ/小島千架子

俳句例:41句目~

おぼろ夜の水音に添ひ坂下る/柴田白葉女

人ごゑの坂下りて来る龍の玉/小笠原和男

名月に坂下の灯のありはあり/鈴鹿野風呂

暗き坂下りて来ればほととぎす/田中冬二

桃買ひに黄泉の比良坂下りいる/吉本和子

寒梅や風に伏し伏し坂下る/阿部みどり女

坂の下は燈のさしてをり落葉風/原田種茅

坂の下まで来て風邪の熱きざす/下村槐太

雲母坂下りて来つるよ寒念仏/河東碧梧桐

かげろふの坂下りてくる大あたま/飯島晴子

髪刈りに秋の夜の坂下りにけり/大場白水郎

かたかげや警報とかるる坂の下/鈴木しづ子

フエリスの坂下りて元町クリスマス/岩崎健一

似合しや女坂下る帋衣達/一茶/文化十年癸酉

別霜湯屋のこぼれ灯坂下に/『定本石橋秀野句文集』

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました