薄紫を使用した俳句

薄紫に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

薄紫を含む俳句例

蛤の薄紫に乾きけり/虚子

初鵙や薄紫の夜明雲/杉山えい

少しさめ薄紫の蜆汁/中嶋秀子

尼若し薄紫の燕子花/正岡子規

西日して薄紫の干鰯/杉田久女

雪間より薄紫の芽独活哉/芭蕉

すり鉢に薄紫の蜆かな/正岡子規

よく見れば薄紫の蜆哉/正岡子規

呑みはじむ薄紫に寒の暮/松根久雄

山笑ふ薄紫の衣着て/長谷川きくの

紫蘇ばかり薄紫の明家哉/正岡子規

紫蘇ひとつ薄紫の荒家哉/正岡子規

ヂキタリス薄紫に富士の影/新村千博

桐の花うす紫の風揺れて/久保田彰子

ほたるぶくろ薄紫七月の思案/大沢君江

花真菰似合うジヤケツト薄紫/島川允子

裾野路や薄紫の春りんだう/瀬戸口民帆

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました