なみだを使用した俳句

なみだに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

なみだを含む俳句例

白やなみだが紙に落ちし音/上村占

暁のなみだ氷らん網代守/松岡青蘿

瀟湘の雁のなみだやおぼろ月/蕪村

春昼の空手空拳またなみだ/上村占

船梁の露はもろ寝のなみだかな/秋色

若やぎし聲なみだてて福は内/上村占

なみだ出て水に消えけり蜆舟/上村占

衣川二十年後のためなみだ/正岡子規

出替の笑ひにふくむなみだかな/青蘿

なみだ目の湖の宵星狐罠/平井さち子

月見ればなみだに碎く千千の玉/蕪村

初花やなみだ涸れたる夜の空/上村占

梅若のなみだの雨や敷松葉/加藤郁乎

高熱のさざなみだちに冬椿/山本桜童

鰻田へ阿波浄瑠璃のなみだごゑ/林徹

春雨のふるきなみだや梓神子/炭太祇

パン林檎指輪衣肉なみだ顔/和知喜八

我眼には霧のみ拝むなみだ哉/松岡青蘿

出替りの畳へおとすなみだかな/炭太祇

打ちこけて指ぬき氷るなみだかな/素顰

俳句例:21句目~

源流やさざなみだてる二輪草/野沢節子

春火桶妻失格のなみだ煮ゆ/山田みづえ

極月の一幕を見てなみだかな/松村幸一

我なみだ地にしむ時か暁の霜/松岡青蘿

なみだぐましけれ市の萬國旗/塚本邦雄

膝の子のなみだ大粒秋刀食ふ/堀口星眠

片栗の蕊を紫紺のなみだとも/和田知子

笹鳴や榾火吹きにしなみだ顔/古沢太穂

川風に吹かれてなみだ鶏頭も/田中裕明

大根馬菩薩面して眼になみだ/川端茅舎

庵に寝るなみだなそへそ浦鵆/広瀬惟然

百獣のなみだあかるし涅槃像/室積徂春

露草は紺のなみだを一つづつ/藤田美代子

蛇の眼にさざなみだちて風の縞/松林朝蒼

なでし子にかかるなみだや楠の露/ばせを

なみだつぶ二つ三つ四つ銀河系/柿本多映

なみだには染ずもまつの秋の風/松岡青蘿

旅ぞ憂きなみだ色あるたをの萩/広瀬惟然

春寒くなみだをかくす夫人かな/飯田蛇笏

ほとばしる洟やなみだや風邪人/西島麦南

俳句例:41句目~

五月の日眩しとなみだ溢るるか/西島麦南

人の眼に涸れぬなみだや秋の風/西島麦南

小式部の亡き春母のなみだかな/筑紫磐井

貝眠る重いなみだをあまた溜め/三橋鷹女

櫓の声波ヲうつて腸氷ル夜やなみだ/芭蕉

秋高しなみだ湧くまで叱りおり/津根元潮

姫百合や硝子張り越しそらなみだ/仁平勝

賭にしてとうがらし喰なみだ哉/高井几董

手にとらば消んなみだぞあつき秋の霜/芭蕉

こぼれ梅かたじけなさのなみだ哉/服部嵐雪

白菊におぼつかなくも落涙して/宇多喜代子

なみだ盛り上がり海市を壊しけり/櫂未知子

なみだ湧くうちは女よすすき原/文挟夫佐恵

なみだにもしむや青田の穂の匂ひ/広瀬惟然

御墓参のなみだをかくす故山かな/飯田蛇笏

春愁のなみだをしぼるまぶちかな/西島麦南

梅の木の下にはなみだの壺がある/津根元潮

冬怒濤なみだかわいてしまひけり/西村妙子

たらぼの芽蓄めて民話のなみだ壺/草野力丸

草石蚕噛む赤きなみだの粒のほど/中尾杏子

俳句例:61句目~

薫風の頬をはしりさるわがなみだ/木下夕爾

春燈やはなのごとくに嬰のなみだ/飯田蛇笏

寒さうな笠さへみればなみだかな/斯波園女

戀はむかし韮粥の碗さざなみだつ/塚本邦雄

卒業歌をはりしなみだすぐかわく/木下夕爾

軒もひぐらしなみだ児を叱りつつ/友岡子郷

雁仰ぐなみだごころをたれかしる/飯田蛇笏

もつ花におつるなみだや墓まゐり/飯田蛇笏

食むべくはなみだたたふる梨の肉/栗生純夫

独楽に巻くなみだの紐のはてしなき/澁谷道

花氷詩型なみだのごとくにて/山崎聰「忘形」

焚火消えさざなみだちに来る日暮/鷲谷七菜子

なにゆゑのなみだか知らず鰯雲/久保田万太郎

なみだふきながららくがきしている/平松星童

ふとめざめたらなみだがこぼれてゐた/山頭火

目になみだうかめし春の仏かな/久保田万太郎

ありがたやなみだに桑を摘むばかり/中川宋淵

死ぬまじきなみだ梅雨川ほど流せ/稲垣きくの

秋かやになみだをさそふ寝ざめかな/飯田蛇笏

鉾稚児のあくびのあとのうすなみだ/細川加賀

俳句例:81句目~

氷らむとささなみだてるところあり/岡井省二

うかべしは何んのなみだぞ春夕/久保田万太郎

青い鳥も帰りしなみだぐもりかな/成瀬桜桃子

かたつむりあつまる陛下なみだぐむ/攝津幸彦

炭の香のなみださそふや二の替/久保田万太郎

病めば大きな眼のなみだ拭いやるかな/七戸黙徒

日本海らくだあゆませなみだあゆませ/豊口陽子

子のなみだいつしか野火のゆきわたり/依光正樹

友をはふりなみだせし目に雁たかく/長谷川素逝

連翹のうす黄のさそふなみだかな/久保田万太郎

なみだして心涼しや賀茂の宮/樗良「一日行脚」

なみだしてうちむらさきをむくごとし/石田波郷

風邪の咳のなみだのみにてあらざりし/森川暁水

はるさめかなみだかあてなにじみをり/瀬戸内寂聴

雨乞ひに曇る国司のなみだかな/蕪村「蕪村句集」

父はなみだのらんぷの船でながれている/西川徹郎

とゞめたる男のなみだ夏灯/飯田蛇笏「家郷の霧」

若葉しぐれ姉のなみだを思はしめ/飛鳥田れい無公

なみだながれてかげろうは月夜のゆうびん/西川徹郎

汗も出てなにをゆふべのなみだかな/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました