神山を使用した俳句

神山に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神山を含む俳句例

祭客やその神山の青畳/丸之

春霞三輪の瑞山神の山/石井桐陰

更衣姫神山も雲脱げり/櫻井菜緒

羚羊の糞点々と神の山/加藤岳雄

海の神山の神初霞して/阿部晶子

神の山仏の山も眠りけり/竹村忠吉

河鹿鳴く両神山の坊泊り/手島南天

夏川を二つ渡りて田神山/正岡子規

照鷽や赤松しるき神の山/伊藤白潮

雪に雪積みて神山神に近く/杉本寛

雪渓を渡りて神の山近し/富川敬三

春の虹雄神雌神の山つなぐ/大場榮朗

虫すでに名残納めし神の山/石山佇牛

芹のびて神山颪す峡田みち/飯田蛇笏

やませ風姫神山の髪なびく/宮腰雅子

月読の神の山なり朴の花/加藤三七子

両神山を指呼に頂上涼み台/高澤良一

冬ながら三輪の神山青々と/村田橙重

姫神の山晴れてくる厩出し/清水芳子

麦踏の返すそびらに神の山/荒井正隆

俳句例:21句目~

小正月女の神山に雪あらた/石野冬青

風の神の山の神訪ふ若葉かな/原月舟

風速の神山高火高知らす/廣江八重櫻

両神山や木天蓼の咲く谿深し/芋川幸子

両神山中駒鳥笛の聞こえけり/鈴木五鈴

女体図をぶらさげ神の山眠る/白澤良子

姫神山の稜きはやかに夏料理/斎藤夏風

神の山痩せしと拝す浮巣かな/牧野和代

神の山うしろにありし冬の村/藤田文子

神の山より空翔くる落葉あり/中村若沙

神の山胸に蝗の跳び込めり/石川恵美子

神山の影来る家の余寒かな/大峯あきら

神山の闇をふかめて夏越の灯/大東晶子

神山や霽れ雲うつる雪げしき/飯田蛇笏

色鳥や一夜に晴れし神の山/深見けん二

神山や風呂たく煙に遅ざくら/飯田蛇笏

隆起して神の山なる独活の花/進藤一考

かんじきの一歩に神の山動く/佐川広治

この神の山なればこそ花に鹿/立花北枝

ちらりと雪の姫神山を車椅子/鈴木鷹夫

俳句例:41句目~

両神山の日翳り早し干菜風呂/井水貞子

草枯れて神山遠き鳥居かな/軽部烏帽子

神山を涼しき杣の抜けてゆく/大峯あきら

姫神山の棚田に落とす雪解水/吉田ミチ子

みなもとは木曾の神山田水引く/滝藤萩露

瑠璃鳴くや矢野の神山松荒れて/高井北杜

すかんぽを噛みて姫神山仰ぐ/松崎鉄之介

神の山めぐりて鮎の落ちにけり/春山道代

神山に近く住みなし破魔矢受く/山口白甫

神山のみち大蜘蛛のゐて閉ざす/丸山海道

田の神の山へかへりし刈田かな/原ふじ広

神の山瑠璃鳥に風引きしまる/目貫るり子

実をもつて神の山なる鳴子百合/森田公司

枯るゝもの枯れ神山の歯朶青し/長谷川より子

窓に両神山なつかしい家具のようだ/柴田美代子

さみどりの山繭生るる神の山/石鍋みさ代「木綿注連」

タイトルとURLをコピーしました