高鳴るを使用した俳句

高鳴るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

高鳴るを含む俳句例

高鳴くは駒鳥囮秋風に/及川貞

谷川の高鳴る岩に雪残る/上村占

大漁旗高鳴る磴や初詣/藤木倶子

竹林に高鳴る風や残り花/内田百間

寒晴や神楽の鈴を高鳴らし/石嶌岳

鶯や裏川の瀬の高鳴れる/内田百間

初詣傘寿の鈴を高鳴らす/宮下秀昌

高鳴りの奔流めがけ囮鮎/吉井竹志

海神の没後高鳴る祭笛/宇多喜代子

齢とは秋風鈴の高鳴れり/吉田紫乃

だんだんと水の高鳴る岩釣/高澤良一

大白鳥闇深ければ高鳴けり/棚山波朗

寒垢離に高鳴る団扇太鼓かな/東妙子

トテ馬車の蹄高鳴る照紅葉/寺岡捷子

竹皮を脱ぐ黒潮の高鳴りに/渡辺恭子

喇嘛寺の楽の高鳴る臘八会/武田禅次

高鳴きの鶫の空の夕ごころ/宮川貴子

雪山をぬけきし川の高鳴れる/安原葉

初鶏の己が影踏み高鳴けり/畑佐白城子

夏痩せて淋しき指を高鳴らす/内藤吐天

俳句例:21句目~

稲扱機高鳴る方へ犬跳びゆく/西東三鬼

稲扱機高鳴る音は空にあり/五十嵐播水

誰もゐない路地や高鳴く初鴉/今村征一

稲扱器高鳴る音は空にあり/五十嵐播水

雪嶺夕焼鈴高鳴らす供米車/加藤知世子

湯檜曾川辛夷月夜を高鳴りて/久田澄子

恋の血の高鳴つていま月凍る/仙田洋子

山晴るることに高鳴き四十雀/岡田日郎

カルストの晴れを高鳴き時鳥/岡部六弥太

何事もなくて高鳴く夏うぐいす/玉水幸代

水飛沫くぐり高鳴き三十三才/長谷川草洲

日に向いて高鳴く鶏や霜解くる/島田青峰

籾すり機高鳴る家の重なれる/鈴鹿野風呂

春場所を明日に高鳴るふれ太鼓/佐藤信子

青どんぐり湯川高鳴り流れけり/高澤良一

高鳴きの鵙の胸毛に朝日さし/高尾富美子

愚者われを見据ゑ高鳴く冬の鵙/吉田未灰

鬼志野を生む焔高鳴る五月闇/本庄千代子

障子張るや高鳴る渓を眼な下に/林原耒井

第九高鳴り行く年をゆかしむる/文挟夫佐恵

俳句例:41句目~

柿に来て高鳴く鵯に夜明けたる/水原秋櫻子

野外演奏まづ行進曲高鳴らし/加藤水万「恩寵」

アメリカンクラッカー高鳴る街や初燕/鳥居おさむ

タイトルとURLをコピーしました