海の色を使用した俳句

海の色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

海の色を含む俳句例

海の色失はれ行く日短/稲畑汀子

海の色変りて鯨回遊す/加地芳女

地中海色に猫の眼春暖炉/神田衿子

一椀に海の色あり鰤雑煮/務中昌己

凩や目刺に残る海の色/芥川龍之介

壺焼を待てる間海の色変り/森田峠

蒼海の色尚存す目刺かな/高濱虚子

捨網の深海の色海桐の実/石井敏夫

松蝉や林に透ける海の色/酒井左岸

没日の後雪原海の色をなす/有働亨

海の色一日同じ牡蛎筏/坂本登美子

日本海色に秋来て浮鴎/中戸川朝人

海色の皮少し付け氷頭膾/蒲生光義

鰤の眼の海色暁の鮮貨車/宮坂静生

いまは昔卯木花咲く海の色/松村蒼石

稲の花海の色また変じつつ/上野可空

海の色今日より変る磯開き/佐藤信子

海の色変る鯛網しぼるとき/塩川雄三

麦秋や淡海色なる伊賀の空/大屋達治

田植鯖海の色奪るはやて雲/巌谷小波

俳句例:21句目~

海の色ぽんと弾けて花桔梗/内山靖子

茄子にまた海の色あり明易き/大串章

章沈むそのとき海の色をして/上村占

浦島草霧をそだてて海の色/河野南畦

朝市やまだ海色の鯖を糶る/角川春樹

如月のうすぎぬ展べし海の色/西村和子

春田一隅水漬きて海の色宿す/米谷静二

木枯や吹き霽らしたる海の色/中川宋淵

海の日や風にも海の色ありぬ/小松初枝

海の色なほひきよせて髪洗ふ/坂巻純子

海の色まだ定まらぬ立夏かな/中村苑子

向日葵は傾き初めぬ海の色/石島雉子郎

海の色捨て切つて紅ずわい蟹/森川敬三

海の色秘めたる潤目鰯焼く/副島いみ子

犬ふぐり海辺で見れば海の色/細見綾子

箸置きは海の色かな伊豆五月/神谷登志

雪とんで元日の空海の色/阿部みどり女

べら釣るや平家滅びし海の色/福島壷春

初茜夜のしづみゐる海の色/永田耕一郎

向日葵の翳りは海の色となる/渡辺富栄

俳句例:41句目~

土用波すくえば海の色消えぬ/青木千秋

目をくばる雪のあしたや海の色/正岡子規

空と海の色二本どり毛糸編む/山田みづえ

海の色眼に溜めてをり氷庫守り/中村石秋

菓子食べし口春愁の海の色/阿部みどり女

寒天乾きおのづから捨つ海の色/大石悦子

銹び墓に海の色なすいぬふぐり/財津立枝

猫の眼に海の色ある小春かな/久保より江

海の色はたと濃き日よ小鳥来る/山田弘子

海の色に朝顔咲かせ路地ぐらし/菖蒲あや

初日まつ玄海色を得つゝあり/小原菁々子

短夜や空とわかるる海の色/几董「井華集」

海の色かすれかすれて枯芭蕉/かわにし雄策

窓際に海の色溶く水中花/石崎径子「耳順」

母は仮泊に似て逝きし春の海の色/友岡子郷

木がらしや目刺にのこる海の色/芥川龍之介

ねこの眼に海の色ある小春かな/久保より江

海の色透かし透かしてさより来ぬ/太田貞雄

葡萄甘し海色の空に手が届く/阿部みどり女

蚊帳は海色母をもつつむ子守歌/中村草田男

俳句例:61句目~

ラムネ海色カラリと夫の風樹の嘆/平井さち子

海の色にいかなごの干し上りたる/宮城きよなみ

海の色寒むざむ塗つてしまつた絵を抱へる/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました