茶の間を使用した俳句

茶の間に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

茶の間を含む俳句例

百菊もさくや茶の間の南向/嵐竹

膳立の茶の間かしまし謠初/正岡子規

お茶の間に集りやすし庭若葉/星野立子

牡蠣豆腐茶の間へ客の座を移す/及川貞

亡き妻の茶の間の画像豆の飯/河野静雲

声まがふ茶の間の父子春の宵/亀井糸游

夕河岸の鯵を囲みて茶の間かな/星野椿

妻の書架茶の間に小さく花曇/遠藤梧逸

破蓮に茶の間より掃く埃かな/野村泊月

お茶の間に二月礼者のやや長居/山田弘子

お茶の間の隅にころげて竹婦人/小山佳栄

お茶の間は女ばかりや置ごたつ/竹田小時

どこよりも茶の間が親し福沸/高橋真智子

わが雛を母の飾れる茶の間かな/下田実花

万両の雪に明けある茶の間かな/橋本鶏二

寒い朝巨大空母と茶の間に居り/国しげ彦

籾摺を昨日に終えし茶の間かな/大島麦邨

茶の間にて用済む仲や切山椒/大久保橙青

茶の間にも桃の色紙や雛の宿/高橋淡路女

茶の間まだ帰宅そろはず霙降る/亀井糸游

俳句例:21句目~

襖しめて隣茶の間や寒夜客/阿部みどり女

茶の間と別に家の一角雛あかり/平井さち子

玉子酒みんな茶の間にあつまりぬ/市村洋子

茶の間には笑初めともなくつゞく/皆吉爽雨

座敷より茶の間が好きや切山椒/池内たけし

扇風機まはれる茶の間ぬけにけり/芝不器男

茶の間まで葭戸幾重を見とほしに/大島民郎

行火やめて今宵の茶の間四角なり/臼田亞浪

春めきて小夜の客ある茶の間かな/松尾静子

電車より茶の間が見える薄暑かな/石川文子

ストーブに湯気も影なす茶の間かな/藤井知子

なまはげのずいと茶の間に踏み込みて/高澤良一

込み入った話に茶の間30Wのジヨーク/平田栄一

タイトルとURLをコピーしました