胸倉を使用した俳句

胸倉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

胸倉を含む俳句例

胸ぐらに隠元畑や小糠星/齋藤玄

胸ぐらに母受けとむる春一番/岸田稚

胸ぐらの闇に収める流れ星/五島高資

胸倉という倉のつめたさ鉦叩/澁谷道

胸ぐらをつかまえて泣く仏の目/穴井太

胸倉を掴みにきたる秋の瀧/大木あまり

胸倉をつかんで蹴って寒稽古/海川すゞ子

菜の花や胸倉の闇抜け落ちぬ/小檜山繁子

胸倉の火は五位のこゑ去年今年/小檜山繁子

胸倉ゆするごとくゆさぶり梅落す/川村紫陽

茅の輪くぐる胸ぐらという薄明り/田口満代子

タイトルとURLをコピーしました