総立ちを使用した俳句

総立ちに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

総立ちを含む俳句例

霜柱総立ち吾を迎へたり/塩川雄三

大寒の穂高連山総立ちす/近藤英江

武蔵野の欅総立ち寒の入/椎橋清翠

河骨の花の総立ち沼明り/小川玉泉

岩山の岩総立ちに秋の暮/岡田日郎

眠れぬ夜は犇と総立ち寒卵/堺信子

磯焚火海女総立ちに春驟雨/上野泰

遠来の客へ総立ち泡立草/川島芳江

はたた神関東平野総立ちす/西山由子

出迎への声総立ちに栃の花/小松多美

台風を迎ふ陸上総立ちして/右城暮石

寒雷や鶏舎の千羽総立ちに/朝倉和江

釘箱に釘が総立ほたるの夜/熊谷愛子

青嵐見上ぐる山の総立ちに/谷口智鏡

一山は弥陀へ総立ち芽木明り/山本秋穂

壷の碑へ辛夷の花芽総立ちに/長江克江

常念岳へ雪の落葉松総立ちに/伊東宏晃

文豪の谷総立ちの木の芽かな/吉原文音

月の出や総立ちとなる松林/徳永山冬子

能登凪げり越の雪嶺総立ちに/千田一路

俳句例:21句目~

舟あぐる海女の総立磯かまど/菊池大修

萩の風一文字せゝり総立ちに/田村木国

蟇出でて杉菜のいろの総立ちに/上村占

裏門や狐のかみそり総立に/大木あまり

総立ちに走る花びら岸辺まで/遠山陽子

鴨の陣総立ち吾を置きざりに/大橋敦子

噴水の総立ちにあとじさりしぬ/山本歩禅

大鍋に瓦斯総立ちの福わかし/岡田しげ子

苔青く総立つ百合や春浅し/長谷川かな女

茶摘人総立ちに阿蘇噴きにけり/小西藤満

鰤漁夫の総立ちに船戻り来る/長沼三津夫

がげろふの総立つや藪ぐらぐらと/栗生純夫

ナプキンの総立ち八十八夜の景/佐々木久代

降る雪に白樺総立ちとなりにけり/岡田日郎

澄む植田人総立ちの灯の汽車過ぐ/永田耕一郎

チャグチャグ来る森の虫類総立ちに/八牧美喜子

御岳の神に総立ち栃の花/青柳志解樹「松は松」

タイトルとURLをコピーしました