黄味を使用した俳句

黄味に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

黄味を含む俳句例

春隣割りし卵に黄味二つ/安田恒子

人日の椀に玉子の黄味一つ/野澤節子

薬喰い今朝の卵は黄味二つ/富田潮児

採血の跡黄味がかる小暑かな/高澤良一

新涼や割れば玉子の黄味二つ/飯泉葉子

粥にぽと落せし黄味や寒四郎/藤田湘子

卵割る黄味の膨らみ寒明ける/竪阿彌放心

原爆忌割れば卵の黄味ふたつ/松本三千夫

とことはに黄味さす父母や神無月/三橋敏雄

黄味帯びておどろおどろし夕立空/高澤良一

山茱萸と云へば和菓子の黄味しぐれ/高澤良一

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました