雨季/雨期を使用した俳句

雨季/雨期に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雨季/雨期を含む俳句例

首長族と百足迅速雨期終り/兼近久子

雨季来る南の寺に水けむり/中田美子

雨季の遺跡に太平洋が浮かぶ/藍原弘和

長い雨季青年だれも孤島もつ/酒井弘司

一燈に豚と寝につく雨季の宿/佐藤念腹

雨季さなか四万六千日帰依す/石山佇牛

雨季来りなむ斧一振りの再会/加藤郁乎

破れ傘詠みて即ち雨季を詠む/後藤夜半

花多き雨期の館並び兵着きぬ/藤後左右

身近かなる男の匂ひ雨季きたる/桂信子

雨期近き瀬戸路は昏し松の花/伊沢健存

雨期長し皮裂けにくし犬交る/攝津幸彦

雨期来たりなむ斧一振りの再会/加藤郁乎

雨期明けの街に出て来し撒水車/猿渡青雨

肩紐をほどけば白い雨季が来る/大西泰世

雨季泥濘砲車の車輪肩で繰る/長谷川素逝

読まれざる天皇私記や雨期長し/大井恒行

鍬の柄に尺蠖が立ち雨季に入る/木村仔羊

疫病は雨季の汚物とともに来ぬ/長谷川素逝

雨季のあと家畜をたふす酷熱来/長谷川素逝

俳句例:21句目~

雨季も乾きくり出すFAX緊急事/伊丹公子

雨季長し乾かぬものの中の赤子/八幡城太郎

雨期の民工兵と濡れ火車遂に駛る/片山桃史

テーブルの上の荒野へ百語の雨季/寺山修司

雨期近し身の内に刈り進むもの/野見山朱鳥

戦場は沼のごとくに雨季に入る/長谷川素逝

脚気患者雨季のいくさを敢てゆく/長谷川素逝

雨季をはる垂木に鎌をさせしまま/加倉井秋を

雨季にして菊の遮光布をあげおろす/木村蕪城

禍つ雨季来ぬ間に蟇よ食ひ太れ/竹中九十九樹

向日葵のひらきしままに雨期にあり/中村汀女

雨季泥濘埋もる敵屍を車輪にかけ/長谷川素逝

雨季泥濘戦禍に追はれゆくものに/長谷川素逝

雨季をはるたるきに鎌を挿せしまま/加倉井秋を

雨期の皿はガラスがいいわ切れそうでも/伊丹公子

たばこ欲りあまきもの欲り雨季ながし/長谷川素逝

靴底に黴ふかしめて立ち去らんこの雨期にしてひとつの転位/岸上大作

タイトルとURLをコピーしました