神籬(ひもろぎ)を使用した俳句

神籬(ひもろぎ)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神籬(ひもろぎ)を含む俳句例

神籬によれば鵯なく初詣/岸風三楼

神籬の空の広さの桜かな/黒沢幹雄

神籬を走れる蔦も薄もみぢ/岸風三楼

神籬の白砂にとんで道をしへ/大橋敦子

ひもろぎに玉のごとき日初蹴鞠/大橋敦子

ひもろぎの真昼を昏く滝落つる/山内遊糸

ひもろぎや旧正月のかけ大根/吉岡禅寺洞

神籬によりて凧あぐ賀茂の子は/岸風三楼

神籬に禰宜ぞ手かざし賀茂競馬/岸風三楼

ひもろぎの水を恃みや畠打/吉武月二郎句集

真四角にひもろぎ掃かれ初蹴鞠/藤原日佐子

ひもろぎの低きに梅雨の蝶ふたつ/佐々木光子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました