船団を使用した俳句

船団に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

船団を含む俳句例

吹流しなびく船団浦祭/野中英照

灯を振つて鮪船団帰り来る/河野真

船団の海霧に薄るる石巻/宮田硯水

船団も女体も何も信長忌/攝津幸彦

朧夜の船団北を指して消ゆ/飯田龍太

弥生期の船団憶ふヨットの帆/吉原文音

氷海の千鳥ら船団を率いたり/萩原麦草

船団に秋鯖の沖まだ明けず/寺島ただし

船団を発たす仕事の初めかな/橘田龍子

鮪船団餅臼つみて出てゆけり/橋本栄治

聖夜ミサトロール船団その妻ら/依田明倫

船団はことごとく航き釧路初夏/帰山綾子

蔵王キラキラ労働者らは肉の船団/稲岡巳一郎

タイトルとURLをコピーしました