歩く//歩す/ありくを使用した俳句

歩く//歩す/ありくに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

歩く//歩す/ありくを含む俳句例

天日を冠として雉歩く/原田喬

鶯の庭をありくや雨の後/雨遠

若布負ひ歩く青空幾尋ぞ/子郷

寒卵一日美しく歩く/攝津幸彦

蟻歩く青芒先細りゆく/上野泰

町ありく鹿の背高し朧月/雷夫

初詣浮世話をして歩く/上野泰

冬枯や雀のありく樋の中/太祇

爪先で歩く回廊忘れ雪/飯田克子

紙漉の梅の日向は猫歩く/森澄雄

秋出水引綱の先犬歩く/勝野俊子

秋晴や半日歩く只の道/原田濱人

髪置やうしろ姿もみせ歩く/太祗

早春の曇る空瓶もち歩く/穴井太

天冥く傷兵草を見ず歩く/三谷昭

説教をしつつ歩くよ黍畑/辻桃子

放心の鶏歩く秋出水/古河ともこ

布袋草氾濫国境兵歩く/松山足羽

獄中の畳を歩く秋遍路/角川春樹

花踏んで鴎の歩く奥淡海/岸田稚

俳句例:21句目~

秋昼や海鳥ありく捨廓/中川宋淵

詩心なき男と歩く杜若/林えり子

夏休み終る長女と磯歩く/上野泰

鶺鴒の水底歩く池普請/塩川祐子

蟹歩く熊野古道の石畳/井上啓子

樋竹をのたりありくや穴惑/都雀

肉親のかたまり歩く黍嵐/山口剛

桃柳かはりありくや女の子/羽紅

蝶歩く百日草の花の上/高野素十

鶏の座敷を歩く日永哉/小林一茶

枯芝の日向跳ぶ禽歩く禽/原柯城

大蟻の畳をありく暑さかな/士朗

畑歩く二月の鴉母衰ふ/服部一彦

色日傘万葉園の杜歩く/塩川雄三

朧夜の農学校を猫歩く/太田土男

番犬の歩く四角な金池/右城暮石

片陰を歩く一等船室の/茨木和生

汀歩す待春の富士輝いて/星野椿

歩く裾月の光をはね返し/上野泰

種芋や花の盛りを去り歩く/芭蕉

俳句例:41句目~

山平ラ老猿雪を歩くなり/飯田蛇笏

天高し夢に梢を踏み歩く/岩田由美

蛇と赤子の歩く天気かな/柿本多映

嘴あけて歩く極暑の大鴉/大西一冬

仏生会鎌倉のそら人歩く/川崎展宏

囀や海の平らを死者歩く/三橋鷹女

筆擱いて又部屋歩く冬籠/野村泊月

佃島そぞろ歩くや秋の声/荒川優子

殿は蕗さげてくる歩く会/真下耕月

学校へ一里は歩く竹の秋/茨木和生

佛生会鎌倉のそら人歩く/川崎展宏

信玄祭桜の雨をねり歩く/細見綾子

藁屋根を歩く鎌倉雀かな/高柳重信

先歩く女の匂ひ山蟻出づ/右城暮石

絶滅のかの狼を連れ歩く/三橋敏雄

土恋し恋しと歩く影法師/村越化石

考えこんでいる影も歩く/住宅顕信

歩く幅だけの雪掻き仏守る/井上雪

子の後を烏が歩く冬日向/石川桂郎

寒鴉一瞥くれてまた歩く/早川暢雪

俳句例:61句目~

歩くたび近づく海や木忌/藤田湘子

薄氷翡翠の象を連れ歩く/山西雅子

冬泉暗しと梯子負ひ歩く/佐藤鬼房

子を海に送り桜を見て歩く/原田喬

山見えて燕の歩く無人駅/平林孝子

つばくらに胸板貫かれ歩く/上野泰

蕗の薹佇めば昏る歩くべく/岸田稚

小学校唱歌へ歩く蓼の花/松山足羽

凩を歩く夢中の中にをり/嶋田一歩

原爆の日の太陽の下歩く/林十九楼

厨房に貝が歩くよ雛祭/秋元不死男

己が羽くわえて歩く羽抜鶏/穴井太

酒倉を杜氏と歩く春の暮/永田耕衣

年一ト日余して歩く藪柑子/森澄雄

私の前を私が歩く月見草/原子公平

祷る祷る歩く歩く青葉闇/黒田杏子

夏山に向ひて歩く庭の内/高野素十

新しき日のなか歩く初詣/千原草之

ふれ歩く板木の艶や餅お講/井上雪

旱天の百姓何も持たず歩く/上野泰

俳句例:81句目~

春寒やぶつかり歩く盲犬/村上鬼城

夕渚残りの蝉を連れ歩く/井上青穂

夕焼に向って歩く無帽の旅/穴井太

時雨忌をまたこの落葉道歩く/朱鳥

茜雪ユダヤは風の中歩く/対馬康子

杖突いて畳を歩く西行忌/遠藤梧逸

松とれて山鳩来り庭歩く/山口青邨

桃咲くや一途に歩く青僧侶/穴井太

浜鴉とぶより歩く小春かな/佐藤愛

梢木立一つ~をよけ歩く/高木晴子

負真綿落して歩く我は老/高浜虚子

赤煮えの蜑が初湯を出て歩く/静塔

身一つの漂ひ歩く旱かな/山内山彦

辛崎の松まで歩く春田かな/日原傳

芭蕉の葉担いで歩く鳥威/庄田宏文

開ききりたる芍薬を蟻歩く/上野泰

開き置く花の頁を蝶歩く/柴田奈美

闇鴉眠れぬ胸を踏み歩く/戸田露生

陸橋を俯き歩く白日傘/松本サキ子

青む畦平均台のごと歩く/高崎和音

タイトルとURLをコピーしました