駄馬を使用した俳句

駄馬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

駄馬を含む俳句例

五月雨の徴発駄馬を今や引/森鴎外

耳袋の赤鮮しや春の駄馬/沢木欣一

勢揃ひせる駄馬老馬おん祭/右城暮石

船橋に駄馬騒ぎ出す霰かな/会津八一

買物の女も駄馬や花珈琲/目黒はるえ

旅人に行きそふ駄馬や葛の秋/飯田蛇笏

賀茂祭り駄馬も神馬の貌をして/伊藤昌子

道芝を吹いて駄馬ゆく今朝の冬/飯田蛇笏

駄馬つづく阿蘇街道の若葉かな/夏目漱石

駄馬に會ふことも旧道郁子垂れて/及川貞

駄馬梅雨晴片脚爪立てまぐさ食う/古沢太穂

だばどぼだばどぼ駄馬ゆくぼくゆく故郷の村道/高柳重信

駄馬のように食まされるもの食み黙つた生活であるのだ/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました