香典/香奠)を使用した俳句

香典/香奠)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

香典/香奠)を含む俳句例

香典に口さしはさむ螢籠/青木重行

反古となる香典袋夜寒びと/中山純子

夜桜や香典返しの酒がある/武田和郎

香奠に削く小遣や花冷えす/北野民夫

百円ショップ香奠袋も虫籠も/高澤良一

香奠にしるすおのが名夜の秋/飯田龍太

香奠やにはかに梶の葉のゆれて/中田剛

かなかなかな香典袋なくなれり/清水径子

香奠の額を飼屋へ聞きにくる/波多野爽波

香奠をつつむ田植の髭濃きまま/榎本冬一郎

まくなぎの香奠ひらくさながらに/佐々木六戈

香奠懐ろにして冬夜の雑踏を抜ける/大橋裸木

わが懐ろのぬくもりの香奠を取りだす/大橋裸木

四天梅雨に路地の栄坊死にし香奠飯粒で貼る/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました