濁り江を使用した俳句

濁り江に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

濁り江を含む俳句例

濁江の足洗ひけり都鳥/井原西鶴

濁り江の泡に皺よる暑さかな/几董

濁り江に出荷のための蕪洗ふ/森田峠

濁り江の闇路をたどる白哉/正岡子規

古き江の濁り渉るや桜人/長谷川零餘子

江流の高まさる濁り麦の秋/楠目橙黄子

濁り江に亀の首浮く太宰の忌/辻田克巳

濁り江に梅雨雲染まる祭の日/柴田白葉女

濁り江のあやめに澄みぬ五月雨/藤野古白

濁り江や茂葉うつして花あやめ/飯田蛇笏

江の濁り澄み行く薄日花藻かな/石島雉子郎

濁江やのめずりこみし木の芽ふく/尾崎紅葉

濁り江のくらげのゆくへ退勤す/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました