患者を使用した俳句

患者に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

患者を含む俳句例

丑の日の輸入蒲焼患者食/大輪昌

患者皆南枕に月を浴ぶ/染谷十蒙

旧盆の仏を飾る一患者/石川桂郎

蝿交む女患者の香の中に/川畑火川

夕蝉や黙して對ふ癌患者/相馬遷子

蜩や子規忌を忘れ患者食/巌谷小波

繭玉や吾を一瞥の老患者/関戸靖子

節分の豆少し添へ患者食/石田波郷

華麗なる金をのぞく老患者/有働亨

病院一の弱虫患者黄水仙/石田波郷

点滴の患者眠れり花の昼/村田抱星

冷奴布目ばかりの患者食/石川桂郎

患者来ず四周稲刈る音きこゆ/遷子

曳売の白桃すでに一患者/巌谷小波

患者食済みし春昼箸洗ふ/高澤良一

患者食相似て蜂の一巡す/中嶋秀子

B棟の患者見下ろす一冬木/高澤良一

木葉髪拾ひ外来患者のわれ/高澤良一

たま~に来る患者や鏡餅/五十嵐播水

天高し煙草を吹かす癌患者/仙田洋子

俳句例:21句目~

女患者に頒けて螢の数が減る/長田等

子ふくべの微風頼みに老患者/岸田稚

室の花駘蕩として患者あり/久米正雄

桃を得て葡萄を望む患者哉/正岡子規

水洟や手遅れ患者叱しつゝ/相馬遷子

病廊に外来患者あふれ梅雨/高澤良一

眼鏡橋阿片患者と春惜しむ/石原八束

年の暮未払患者また病めり/相馬遷子

秋風や頂上ありく癩患者/佐野青陽人

章さげて島より患者十二月/井上杉香

胸板に夜風涼しみゐる患者/高澤良一

メモしたる年越患者回診す/松岡巨籟

脳外科の患者虚ろに冴返る/井口公子

夜泣癖ある子も患者二日灸/森田愛子

菜の窪の苺を寝かす患者食/石川桂郎

中元や小百姓なる一患者/五十嵐播水

踊見る脱柵患者暗がりに/石田あき子

患者皆着膨れ病院狭くする/高澤良一

人参も余さず食ふぞ新患者/高澤良一

患者等に二つ影もつ柏餅/石田あき子

俳句例:41句目~

初夢もなく患者食運ばるゝ/萩原麦草

卒業の日の病棟に在る患者/山口誓子

鈴虫を飼へり万年患者にて/右城暮石

雁来紅微熱患者の吾も燃ゆ/島村利南

夏雲や八十路初めて患者食/松村蒼石

患者食往来の寒さ窓に見て/石川桂郎

風邪患者金を拂へば即他人/相馬遷子

易々と蠅にたかられ一患者/高澤良一

春昼や絵も無き皿の患者食/高井北杜

大部屋の患者寝息の朧なる/高澤良一

炎天の一戸一戸の患者訪ふ/瀧澤伊代次

ふつつかな海鼠物云ふ患者食/高澤良一

新入患者として夜濯の端にあり/岸田稚

牢名主めく患者ゐて部屋晩夏/高澤良一

われを呼ぶ患者寒夜の山中に/相馬遷子

花どきのおほかた残す患者食/朝倉和江

牛の貌チブス患者の夢にくる/藤後左右

中元の使患者にまじり来る/五十嵐播水

クリスマス一夜の餐の患者食/細谷喨々

林つづる麦藁帽は試歩患者/石田あき子

俳句例:61句目~

目刺反る天皇の日の患者食/山田ひろむ

生人参噛る患者よ耳朶うすし/坂口子平

癌患者訪ふ汗をもて身を鎧ひ/相馬遷子

一患者ふうふう云ふて扇子風/高澤良一

海荒るる鰤おもへりき患者食/石川桂郎

患者食に夫が焼きたす鮎一尾/影島智子

患者等の花火櫟の空に爆づ/石田あき子

冬銀河患者の一語残りをり/岩永のぶえ

吾につく十年患者老い涼しき/相馬遷子

啓蟄や夕になりて患者増す/瀧澤伊代次

夕冷えに妻が箸執る患者食/下村ひろし

螢見んと女患者について行く/岩田昌寿

患者食こんにやくつづき百千鳥/斎藤玄

一患者黄梅ひらきたるを言ふ/金田咲子

無月なり芒惜しまず患者たち/石田波郷

蟇の貌チブス患者の夢にくる/藤後左右

豆撒けば楽世家めく患者らよ/石田波郷

買初の蜜柑小粒に患者たち/石田あき子

梅雨ふかし鶯を飼ふ老患者/石田あき子

患者には恐き夜が来る虎落笛/藤井啓子

俳句例:81句目~

障子貼るかたへ瀕死の癌患者/相馬遷子

患者より気鬱移りし養花天/築城百々平

患者一人の傅染病棟野分せり/相馬遷子

患者等に五月の冷えの屍室/石田あき子

患者等のわれらが宝庫冷蔵庫/高澤良一

着膨れて財布まさぐる一患者/高澤良一

患者食月見団子も添へられて/楢崎子葉

月追うて祭ごころや患者らは/巌谷小波

節分の小鬼坐れる患者椅子/山田ゆう子

籔からしは偽女郎花患者らよ/巌谷小波

終の葡萄ひと房添へて患者食/石川桂郎

羅に患者付き添ひ過ぎにけり/高澤良一

羞みの汗の真顔が患者拭く/赤城さかえ

盲ひゆく患者の歳暮受くべきや/向野楠葉

クリスマス七寮に満つ患者等に/石田波郷

外来の患者持ち込む咳いろいろ/高澤良一

二の酉へ患者の屋台路地急ぐ/古賀まり子

夕立に濡れたるまゝの患者診る/浦上新樹

室咲やどれも冷めゐる患者食/仲村美智子

春暖炉わが患者らは癒えゆくも/相馬遷子

タイトルとURLをコピーしました