福耳を使用した俳句

福耳に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

福耳を含む俳句例

福耳の僧の説法風花す/太藤玲

初窯や福耳持てる陶人形/玉井翠陽

福耳と言はれ貧乏山笑ふ/齋藤朗笛

福耳に掛ける赤緒の踊笠/後藤立夫

福耳の婆へ雪降る火消壷/坂内佳禰

福耳の母子が摘める母子草/北光星

福耳の神官のゐて初戎/大石登志美

福耳の貧乏暮らし威し銃/中村初枝

六地蔵どれも福耳葱坊主/野川サダ子

母に似ぬ子の福耳や鳳仙花/水原春郎

母の日の母の福耳涼しかり/渡辺恭子

福耳と芸者がほめぬ遠花火/木暮剛平

福耳に少し足らざる耳の秋/山本一歩

福耳に支へられたる冬帽子/林なつを

福耳の万才声もゆたかなる/伊藤敬子

福耳の後ろから見る秋祭/甲斐多津雄

福耳の石仏葛が凭りたがる/河野南畦

福耳の羅漢ばかりぞ五月晴/米山源雄

菊日和羅漢福耳もてあます/河野南畦

三叉路の木に福耳を吊しおく/山本敏倖

俳句例:21句目~

修羅地獄説く福耳の十夜僧/きりぶち輝

福耳と言はれ霜焼にも好かる/相澤礼子

福耳のウエストン卿木の実降る/山本源

福耳の透きとほるまで日向ぼこ/檜紀代

福耳を包んでしまふ冬帽子/広畑美千代

福耳を褒められてゐる接木かな/関成美

生き残りたる福耳の冷たさよ/伊丹三樹彦

福耳のはみだしてゐる冬帽子/阿久津勝利

ありありと福耳冴えて遺影なり/渡邊千枝子

福耳を引つぱってゐるマスクかな/下村非文

福耳にして聞こえざりところてん/中島八州央

タイトルとURLをコピーしました