墓原を使用した俳句

墓原に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

墓原を含む俳句例

一村に一墓原を寒日差/斎藤玄

墓原に正月の顔揃へけり/原裕

墓原の提灯白し秋の風/正岡子規

羅のひと墓原に唄ひをり/日原傳

みじか日の墓原ぬける/北原白秋

切開く墓原道の茨かな/寺田寅彦

墓原に育ちし犬や春隣/増田龍雨

枯菊や墓原道の草の中/寺田寅彦

墓原の樒に光る蛍かな/正岡子規

墓原の鴉きこゆや氷店/渡辺水巴

墓原や墓低くして草茂る/正岡子規

墓原や夕かたまけし桜人/増田龍雨

墓原のまはり音なく稲を刈る/白虹

墓原や松風たかき旱り空/巌谷小波

墓原が棚田の果の魂迎へ/河野南畦

墓原や湖のごと杉菜長け/勝又一透

墓原をひとつ眺めの半夏生/斎藤玄

墓原を吹いて戻らず春嵐/内藤吐天

年つまる忌の墓原を掃き納め/原裕

祈る乙女墓原雀交み落つ/石田波郷

俳句例:21句目~

墓原に隣る小家の燈籠哉/正岡子規

野分中かの墓原に到らむと/斎藤玄

墓原のつゞきや寺の蕎麥畠/正岡子規

何もなし墓原ばかり枯野原/正岡子規

大日向あり墓原の男郎花/諸角せつ子

墓原や小草も無しに鷄頭花/正岡子規

涼つよく朱文字痩せたる山の墓/原裕

墓原や蟻の引き行く蛇の皮/寺田寅彦

墓原や墓の暑さの身に移る/増田龍雨

秋の風伊勢の墓原なほ凄し/松尾芭蕉

墓原の杉菜に交る土筆かな/正岡子規

墓原や月に詩うたふ聲聞ゆ/正岡子規

畑荒れて墓原殘る寒さかな/正岡子規

田の中の墓原いくつ曼珠沙華/正岡子規

墓原にのこる菜の花野麦越え/宮坂静生

墓原に出たる地蟲同志かな/波多野爽波

墓詣り墓原たれも容れにけり/萩原麦草

墓原のどこもよく似し盆の寺/高浜虚子

墓原の蝶のあをきよ風を待ち/高澤晶子

寒鯉を提げて墓原よぎりけり/舘岡沙緻

俳句例:41句目~

墓原や昼の蚊群れて足をさす/正岡子規

墓原や椿咲くより散りたがる/三橋鷹女

雲雀野の道墓原へつゞきけり/増田龍雨

笑へよと阿蘇の墓原雪達摩/殿村莵絲子

迷ひ来てクルス墓原時雨けり/小林康治

墓原や是をうき世の山ざくら/松岡青蘿

雪つもる隙墓原にありにけり/宮坂静生

啓蟄や墓原雨を吸ひて飽かず/松崎鉄之介

墓原に蜜柑もぐ子がうつりけり/萩原麦草

墓原に人りて凧上ぐ吾が子呂と/石田波郷

墓原の空に鳶舞ふ日永かな/久保田万太郎

華麗な墓原女陰あらわに村眠り/金子兜太

あだし野の墓原にして蝶生る/稲垣きくの

球根畠名札挿しゆき墓原めき/八木三日女

瓜馬もあそばむ墓原の月まろし/吉田鴻司

春の月さして墓原ねむりけり/成瀬桜桃子

墓原の杉見る人を鳴く蚊かな/長谷川零餘子

墓原の元日しまのひかりかな/久保田万太郎

墓原のつるもどきとて折りて来ぬ/山口青邨

蝶の昼墓原に佇てば流人めく/鍵和田ゆう子

俳句例:61句目~

さくら饐ゆ墓原に光ただよひて/鷲谷七菜子

墓原のまばゆく晴れし蜻蛉かな/久保田万太郎

墓原路とてもなく夕の漁村に下りる/尾崎放哉

墓原をかくして花のさかりかな/久保田万太郎

墓原の青羅母子を目に追ふも/石田波郷「春嵐」

墓原やひつそりとなつかしくあたたかし/高柳重信

墓原に咲く曼珠沙華誰が「死後の恋」突き抜けて天上は紺/小川太郎

タイトルとURLをコピーしました